日経新聞無料

日経新聞無料~いくら?電子版月4,200を無料にする秘訣

日経新聞は無料で読めます。「日経新聞っていくらだったっけ?」と以前、思い出したように調べてみたことがありましたので、ここでメモしておきます。

この記事は、次のような疑問を持つ方への回答になるでしょう。

  • 日経新聞 無料
  • 日経新聞 無料購読
  • 日経新聞 無料で読める
  • 日経新聞 無料で読む
  • 日経新聞 タダ
  • 日経新聞無料で読む方法

日経新聞無料、では直接ならいくら?

日経新聞が無料で読めるのはわかった。なら日経新聞を直接とったらいくら?という疑問も沸いてくると思います。
日経新聞は電子版で月4,200円のようですね。高いと思う方も多いと思いますが、
日経新聞にはその代金を支払う価値は、情報化した今でも十分あると断言できます。

そういえば、かって、かの松下幸之助氏も「日経新聞だけはとりなさい」と言っていた言葉を思い出しました。
わたし自身も、20代前半で先物取引関連についていたころ、機会を得て、徹底的に毎朝読まされた経験があります。
最初は、専門用語の羅列が、まるで英語の新聞のようにみえていたのですが、
「意味がわからなくてもいいので、読み続けなさい」との指導により、
事実、いつの間にか大体のところを理解できるようになりました。

松下幸之助氏といえば、偉大な功績(1500社ほどの株式会社設立のうちほとんどが上場企業)が知られていると思います。
その理由で、いろいろな名言も数多くありますが、例えば次のような言葉です。

耳を傾ける素直な心というものは、だれに対しても何事に対しても耳を傾ける心である(著書「素直な心になるために」より引用)

逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。(著書「道をひらく」より引用)

情報源: 松下幸之助 素直な心になるために

前置きが長くなりますたが、当サイトでは、投資をコンセプトにしておりませんので、
日経新聞いくら?
についての答えとして、全く違った角度からのアプローチをしてみたいと思います。

日経新聞を無料で読む

日経新聞を無料で読む秘訣

日経新聞を無料で読むのは簡単です。知っている人にはごく当たり前の方法となります。
しかし、秘訣と言ったからには、オーバートークとなってはいけませんので、
もう少し深い部分まで突っ込んで赤裸々に語ってみたいと思います。

人には知られていない最も効果的な方法。とっておきの手段。

情報源: 秘訣(ヒケツ)とは – コトバンク

もちろん、当サイトで話のコンセプトになるのは、アクセスアップと収益化へ繋がる話です。

とはいえ、稼いだお金で、先々(または既に)投資をする方のみ、
この続きはお読みくださいませ。
この理由は、メタファーになってしまうからです。

メタファーとは禁断の果実のこと…

禁断の果実(きんだんのかじつ、Forbidden fruit)とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し、欲望の対象になるもののことをいう。

情報源: 禁断の果実 – Wikipedia

すいません。少し大袈裟でしたが、禁じられた部分に触れることは間違いないので、先に申し上げておきました。

日経新聞はいくら?からの禁じられた手法とは?

日経新聞いくら?からの禁じられた手法とは…

hagu7こちらの、丸三証券(マルサントレード)より口座を開く。

ただ、それだけです。

丸三証券

そうすれば、日経新聞はずっと無料で読むことができます。
厳密には楽天でもできますが、お金がかかります。
※実際にトレードをやる人なら楽天でも問題ないでしょう

実は、これ自体は、禁断でもなんでもありません。

少し調べると出てきます。
この調べると出てくる、という部分が問題であり、
ただ出てくるなら大丈夫なのですが、
そこにアフィリエイトがからむことで、禁じられた方法となります。

禁じられていますが、暗黙の了解のような方法であり、
実際に収益は上がるやり方となります。

それでは、いくつか例を交えながらお話してまいりましょう。

先ほどの、日経新聞を丸三証券で口座申請して申し込むにあたり、
画像付きで丁寧に解説しているサイトがこちらです。

http://michishirube87.com/marusan/

先ほどの”丸三証券”へのリンクでお気づきだと思いますが、
このサイトの”丸三証券”へのリンクも、
”ValueCommerce”を使ったアフィリエイトリンクとなっております。

この無料口座開設は、他の証券口座のように、認証条件は特にありません。
例えば、いくらいくら取り引きをしなければならないなど…なので、ホントに口座を開設するだけです。

これは、先ほどのサイトにも書いてあるように、
投資を先々する人や見込み客ゲットを含めた先行投資のような形で、
丸三証券が提供しているのだと思われます。

それは間違いないでしょう。

ところが1つだけ、注意点があります。
これはValueCommerceの管理画面にて、丸三証券の広告を表示させた画像です。
その中で…

丸三証券アフィリエイト

はい。

「日経テレコン無料利用」に類する表現も禁止となります!

と明確に表記されているわけです。

ValueCommerceは、良質な広告主が多い理由で、アフィリエイターにも好んで使われいている有名ASPの部類に入りますが、
特に”ValueCommerceは審査もあり厳しい”という見方も多く見かけられます。

その理由で、広告主からの条件は注意する必要があります。

なぜこのように条件をつけているのか?

というと、無料オファーというアフィリエイトと同じだと思います。
つまり、簡単にいうと、このようなことです。
無料オファーの攻略法として、”特典”をつけて報酬を稼ぐ方法がありました。

無料オファーを出している側としては、リストを購入する意味があると思います。
しかしこれでは、特典を目的に登録されることで、捨てアドレスが増えてしまうわけですね。
※無料オファーのASPを貸し出している日本の大元である小川さんのダイレクト出版でも、
特典をつけた誘導を禁止しております。

しかし、一方で
「そんなこと気にしていたら、グレーだらけとなってしまうよ」
という意見もあると思います。

そうですね。

ではここで、実際に利益を出していると思われるサイトを1つご紹介しましょう。

今回の記事タイトルキーワード
日経新聞 いくら
で検索してください。

その下の方に…「日経新聞を無料(タダ)で読むためのテクニック」というタイトルの記事が出てくると思います。
※2015年7月現在、Chromeのシークレットウィンドウで8位に表示
http://money-lifehack.com/savings/205

日経新聞を無料(タダ)で読むテクニック

このキーワードで検索するターゲットは、分かりやすいですよね。
まさに、「日経新聞を取りたい」という欲求が高まっている層ですから。
※日経新聞を既に購読している人は、このようなキーワードで検索しません

この検索結果の1ページの他に出てくる情報を見てもらうとわかると思いますが、
コンビニなど、実際の料金の情報や、日経新聞がでしている情報がヒットします。

この中で、このようなタイトルがあれば…

「そんなのホントにあるの?あったらいいな…」
それをクリックしたくなるのが人の心理だと思います。

そして、実は、出てきたページには、アフィリエイトリンクははってありません。

まるで他のサイトの記事を紹介しているような内容となっております。
たしかにドメインは違いますが…
http://www.money-navi.net/stock-securities-marusan.html

そして、ここでも、

このほか、丸三証券が顧客に対して無料で提供している「日経テレコン」は日経新聞各紙の記事や雑誌記事、会社情報などを検索できるデータベースです。投資以外にもビジネスにも活用できるツールですのでこのツールの無料利用というだけでも丸三証券を利用する価値があります。

日経新聞の全文を過去1年分読めるサービス「日経テレコン」を無料で利用できる数少ない証券会社。この為だけにでも口座をつくる意義があると思います。
実際に、ビジネスマンの方が仕事目的で口座を解説しているという方も多いようです。

という紹介文が添えてあります。

もちろん、この他にも、

  • 日経新聞 無料
  • 日経新聞 無料購読
  • 日経新聞 無料で読める
  • 日経新聞 無料で読む
  • 日経新聞 タダ

などなどがあります。

関連の「日経新聞無料で読む方法」では出てこないようですが…

日経新聞を無料で紹介した利益はどのくらい?

日経新聞を無料で読めることを紹介することは、禁止されているのはわかりました。
しかし、実際には、紹介しているサイトがあります。
この理由は、丸三証券にもメリットがあるから目をつぶっているのかもしれません。

では、この方法だと、いくらくらい稼げるのでしょうか?

丸三証券で口座を開設してもらうと、
一件につき552円の報酬が発生します。

これは、口座開設という手間を考えると、安い部類に入りますが、
先ほどのピンポイントキーワードを考えると、報酬を積み重ねることができるでしょう。

と同時に、キーワードの検索回数自体が、そこまで多くはありませんが、
特に「日経新聞 無料」というキーワードで1ページ目に表示されることで、
収益に繋がっていると思います。

このように、無料で敷居が低いオファーでは、
報酬をとりやすいのでオススメです。

今回は、その中でも、手付かずのところをご紹介してみました。

このように、ノウハウよりも、直接利益を出しているサイトから得られるものは大きいといえます。
あなたも、これをヒントに報酬を得ていっていただければ幸いです。

ありがとうございました。

追伸

この方法は氷山の一角です。

あなたが収入を増やすお手伝いができます。
インターネット集客ならこちらからご登録くださいませ。

 

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

関連コンテンツ