日経新聞は無料で読めます。「日経新聞っていくらだったっけ?」と以前、思い出したように調べてみたことがありましたので、ここでメモしておきます。

この記事は、次のような疑問を持つ方への回答になるでしょう。

  • 日経新聞 無料
  • 日経新聞 無料購読
  • 日経新聞 無料で読める
  • 日経新聞 無料で読む
  • 日経新聞 タダ
  • 日経新聞無料で読む方法

日経新聞無料、では直接ならいくら?

日経新聞が無料で読めるのはわかった。なら日経新聞を直接とったらいくら?という疑問も沸いてくると思います。
日経新聞は電子版で月4,200円のようですね。高いと思う方も多いと思いますが、
日経新聞にはその代金を支払う価値は、情報化した今でも十分あると断言できます。

そういえば、かって、かの松下幸之助氏も「日経新聞だけはとりなさい」と言っていた言葉を思い出しました。
わたし自身も、20代前半で先物取引関連についていたころ、機会を得て、徹底的に毎朝読まされた経験があります。
最初は、専門用語の羅列が、まるで英語の新聞のようにみえていたのですが、
「意味がわからなくてもいいので、読み続けなさい」との指導により、
事実、いつの間にか大体のところを理解できるようになりました。

松下幸之助氏といえば、偉大な功績(1500社ほどの株式会社設立のうちほとんどが上場企業)が知られていると思います。
その理由で、いろいろな名言も数多くありますが、例えば次のような言葉です。

耳を傾ける素直な心というものは、だれに対しても何事に対しても耳を傾ける心である(著書「素直な心になるために」より引用)

逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。(著書「道をひらく」より引用)

情報源: 松下幸之助 素直な心になるために

前置きが長くなりますたが、当サイトでは、投資をコンセプトにしておりませんので、
日経新聞いくら?
についての答えとして、全く違った角度からのアプローチをしてみたいと思います。

日経新聞を無料で読む

日経新聞を無料で読む秘訣

日経新聞を無料で読むのは簡単です。知っている人にはごく当たり前の方法となります。
しかし、秘訣と言ったからには、オーバートークとなってはいけませんので、
もう少し深い部分まで突っ込んで赤裸々に語ってみたいと思います。

人には知られていない最も効果的な方法。とっておきの手段。

情報源: 秘訣(ヒケツ)とは - コトバンク

もちろん、当サイトで話のコンセプトになるのは、アクセスアップと収益化へ繋がる話です。

とはいえ、稼いだお金で、先々(または既に)投資をする方のみ、
この続きはお読みくださいませ。
この理由は、メタファーになってしまうからです。

メタファーとは禁断の果実のこと…

禁断の果実(きんだんのかじつ、Forbidden fruit)とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し、欲望の対象になるもののことをいう。

情報源: 禁断の果実 - Wikipedia

すいません。少し大袈裟でしたが、禁じられた部分に触れることは間違いないので、先に申し上げておきました。

日経新聞はいくら?からの禁じられた手法とは?

日経新聞いくら?からの禁じられた手法とは…

>>あなたはこのページを表示することが許可されていない…<<

会員限定の記事の場合、⇒まだ無料登録をお済みでない方はコチラ

 

各購入者専用のダウンロードページへは、購入すると入室できるようになります。

既に購入している方でこの表示が出る場合には、まだ認証されていない可能性があります。

24時間経っても表示される際には、コチラよりお問い合わせくださいませ。

ヘルプデスク

※購入者名と商品名を添えてお願い致します