ベジタリアンは栄養不足で鬱になりやすいの?

ジタリアンは栄養不足で鬱になりやすいのか?
ベジタリアンの方やこれからベジタリアンになろうか検討されている方には気になるところだと思います。
ここではその答えについてまとめてみました。
⇒腸内フローラ関連はこちら

ベジタリアンと栄養不足と鬱

ベジタリアンと栄養不足と鬱の関係性

ベジタリアンは栄養不足で鬱になりやすい。は本当か?

ベジタリアンは栄養不足で鬱になりやすいと聞いたことがあるかもしれません。
ここではその答えとしてポイントをまとめてみましょう。

 

ベジタリアンは栄養不足で鬱になりやすいの?についての回答

ジタリアンは栄養不足で鬱になりやすいの?の答えを解説してまいります。

結論から言うと厳格なベジタリアンはうつ病になりやすいようです。

三大神経伝達物質で幸せ物質とも呼ばれるセロトニンは、心を安定させるのに大切な働きをしますが、
そのセロトニンはトリプトファンを原料とします。

トリプトファンは肉類、魚介類、穀類、野菜や果物とあらゆる食べ物に含まれています。

納豆と鶏のひき肉に含まれるトリプトファンの量はほぼ同じですが、
豆腐や納豆を食べるとなるとタンパク質以外の部分が 多いため、グラム当たりのトリプトファンの量は、肉の方が断然多く、摂取するには効率がいいそうです。

厳格なベジタリアンの場合、たとえ大豆を食べていたとしても必要な量の トリプトファンを摂取しにくく、うつ病になりやすいと言えるようです。

また、ベジタリアンはコレステロール、タンパク質、オメガ3脂肪酸、鉄分、亜鉛、
カルシウム、ビタミンB12が不足しがちになると言われていますが、
その中でもコレステロールやビタミンB12が不足すると鬱になりやすい、と言われているようです。

コレステロールが下がるとセロトニン受容体の機能が低下し、うつ症状を引き起こすとされています。

ビタミンB12は植物ではほとんど合成されることはなく、肉を食べないと摂取することができないため、
ビタミンB12が不足すると、鬱以外にも悪性貧血や神経障害など様々な症状が出るとされています。

栄養学的な知識を持たないでベジタリアンになることは、避けた方が良いようです。

ということですので、まずは簡単なものから試していき、学びながら徐々に慣らしていくのがベストだといえるでしょう。

わたし自身は、自炊する場合は植物性食品・乳・卵と、魚を食べるペスコ・ベジタリアン、鶏肉を食べるポーヨー・ベジタリアンです。
とはいえ知人と外食する場合はこの限りではありませんので、完全なベジタリアンではありません。

 

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

Ooishi Hitomi

⇒この著者のコンテンツ一覧と自己開示

新次元体調改善トレーナー/新次元副業スーパーバイザー

子供の頃から勉強が大嫌いで音楽と美術以外は赤点、大人になっても何をやっても続かない、やる気がない、一時は働くことも、生きる気力さえ失いどん底まで落ちた私ですが、人間必ず変われるものです(実際にわたしは変われました)。
一緒に頑張りましょう。

趣味は読書、映画・音楽鑑賞、一人旅(特に神社仏閣巡り)です。

健康のことにつきましてもご相談可能です。

3年前に原因不明の体調不良に陥り、約半年、ほぼ寝たきりのような生活を送ったことがきっかけで、生活習慣、特に食事を徹底的に改善しました。
その際、国内外の医学博士が執筆した健康関連(最新医学から東洋医学、アーユルヴェーダなど)の書籍を1000冊以上読み、実生活で実践しました。
数々の書籍を読み、腸内の良し悪しが健康に大きく関わっていることを知り、腸活を実践。
長年悩まされていた便秘、大人ニキビはほぼ完ぺきに改善。それ以来、年に一度は風邪を引いていたが今ではまったく引かなくなりました。
現在でも、月に最低20冊ほどの健康関連書籍を読み、知識と自分の体をより良い状態に高めています。

関連コンテンツ