収入アップアカデミー『チェレンジ』

通信講座、Webセミナー、動画セミナー、音源や映像、FCシステムの提供など

アフィリエイトとは?アフィリエイトについての無料相談

529 views
約 4 分

お問い合わせ

ご質問など何かありましたら、
ヘルプデスクボタンよりお願い申し上げます。
お問い合わせ
只今の返信までの目安時間 ⇒リアルタイム対応状況

アフィリエイトについて
アフィリエイトとは、一体何なのでしょうか?私も最初この言葉を知った時、アフィリエイトをアフェリエイトと間違えて言っていました。アフィリエイトとは、一言でいえば成功報酬型のシステムです。ここでは実際にアフィリエイトをやっている立場から、実践に則したアフィリエイトとは?について簡単に書きたいと思います。

アフィリエイトとは、について書こうと思った理由は、サイトやメルマガを発行して売れたら販売者から報酬が発生する、という仕組みを知っただけでは意味を成さないと思ったからです。

アフィリエイトとは…アフィリエイトに対する不安

結論からいえば、アフィリエイトは安全です。大手の企業も積極的に取り入れているほどですので。
大手の企業とは、例えば楽天やAmazon、Yahoo!、Apple…他殆どの企業が利用しています。

とはいえ、アフィリエイトをこれから始めようと思うなら、不安もあると思います。
どんな不安?
そうですね。騙されるんじゃないか?とか、反社会的なやり方ではないのか?ネットワークビジネスのようなものではないのか?
資金が必要じゃないのかな?
などなど、様々な不安が出てくるでしょう。

アフィリエイトで起きる問題とは

アフィリエイトは、無料ブログなどを使えば、完全無料で誰でも始められます。
なのでリスク0…といいたいところですが、あえて言うならば、時間的リスクがあるでしょう。
つまりスタートした当時は、内職程度の収入しか発生しないので、「やってらんねぇ~!」となると思います。

そこでアフィリエイトについて、もっと調べていくにつれ目にするのは、「楽してアフィリエイトで○○百万円」稼ぐ方法という言葉です。

意を決して、そのノウハウを購入しても、やはり労力がかかるので、次から次へと労力と時間だけがかかってしまいます。

アフィリエイトとは、どんな障害が発生するのか?

アフィリエイトで起こる障害は、誰にでもスタートできるので、ライバルが多くなる、というのもその1つです。

他にもノウハウ代金あるいは、ノウハウを調べるための時間が障害になりかねません。

裏を返せば、脱落者も多いので、長期的観測をしつつ、1つの事をやり遂げる事が出来るのなら、その後の道は大きく開けてくる可能性があるでしょう。

アフィリエイトとは結論をいえば、「誰でも始められるが、結果を出すのは根気がいる。」
ということになると思います。

他にもアフィリエイトの障害になりかねないのは、
アフィリエイトの基本は、報酬欲しさに、ネットユーザーの方々に迷惑をかけないことです。
ここを抑えた上で、しっかりと取り組んでいくことが、競合との差別化に繋がっていくでしょう。
裏を返せば、自分勝手なアフィリエイトをする増えることで、広告主に損害を与え、
アフィリエイト全体の障害となり、結局は自分自身に返ってくることになると思います。

アフィリエイトの醍醐味は、紹介した事で、「良いものを教えてくれてありがとう。」と思ってもらえることですね。

アフィリエイトとは、結局は何なの?

まとめると、アフィリエイトとは、ウェブ上の店舗のようなものです。

リアル店舗の違いは、実施の店舗や仕入れが必要ないなどが挙げられますが、
もっとも大きな違いは、このようなことになります。

『アフィリエイトとは、情報を仕入れて、情報を与える見返りに得られる報酬』

つまり、アフィリエイトしたい商品をしっかりと調べ、まだ知らない人へ教えてあげる事で、購買に繋がり報酬を得られるシステムということです。

新フランチャイズシステム(NFS)

本気なのに稼げていない。その循環はここで終わらせましょう。これからは加盟店としてしっかり確実に収益を得ていきます。
新フランチャイズシステム(NFS)

この記事のスーパーバイザー

山田招憲

フランチャイジーに15年関わってきました。『新フランチャイズシステム』で全員成功に導きます。

収入アップまたは自立へのサポートなら、今すぐご相談ください。あなたが本気でさえあれば、 パソコンを使って0からのスタートアップより、月100万円の収入までもっていくためのサポートが可能です。

※あなたに合った信頼できるサポーターのご紹介もできます

⇒成功法則まとめ


サポートセンター

観覧できない、ダウンロードできない、決済ができないなどの購入前相談から、購入後のサポートまで…
問題の解決をしたい時には、左側にある緑色の「サポート」をクリックしていただくか、こちらからご連絡いただけます。

⇒カスタマーサポートサービス

ヘルプデスク