新しい世界へ

メタ認知を遥かに上回る圧倒的存在感と結果を構築する”メタ認識”とは?

メタ認知とは、簡単に言えば自分自身の考えを確認することです。

”人間が自分自身を認識する場合において、
自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。
それをおこなう能力をメタ認知能力という。”
~Wikiより~

確認することでコントロールしやすくなることを狙いとしています。

ここからは山田招憲さんより教えていただいたことを
許可を得ましたので、そのまま掲載します。

開かれた道
メタ認知とは上記の通りです。
 
では”メタ認識とは何なのでしょうか?
 
これは造語です。
個別セッションでたまたま出きたものです。
※久宝様のお言葉より偶然に賜り拾い上げたものとなります
 
お言葉をお借りし一言で言えば
『”「私はここにいる!」というメタ認識”』
ということです。
 
これはセルフコントロールの教材でも解説しております。
 
それは自分自身の身体の部位を1つ1つ触り、顔を触り
実際に触ることで、自分自身の存在をしっかりと確認する作業です。
 
そうです。アスリートたちのように…
 
久宝様からのお言葉より抜粋
”自分を抱きしめ、自分を触り、ここにいる、自分自身を確認し。。
そして、認識してもらうことを強く意識して参ります。”
 
そうです。
 
メタ認識とはこのような一連の作業により
”自分自身の存在を圧倒的に上げることで結果という現実を作り上げるノウハウ”
となります。
 
この理由で、単なるうつ病や不安障害などの治療を目的として開発された、
新世代の認知療法の一つであるメタ認知ではなく
更にそれを超えた、まだ夢が叶っていない方や、なかなか夢に向かって進めない
そして自分自身の周りをも巻き込んでいく必要がある方のための
現実を作り上げる具体的かつ画期的手法…
 
それこそが「メタ認識」と名付けたものとなります。
 
直ぐに簡単にお手軽に誰でも出来て
にもかかわらず凄い可能性を含んでいる手法です。
 
この手法の理由や根拠を詳しく解説すると
かなり長くなってしまいますので端折りますが、
簡単にまとめると、素粒子論が関わってきます。
 
そうです。一言でいえば…
 
「確認(認識)できた時にのみ存在している」
ということですね。
逆に言えば確認(認識)されていない時には
存在しないに等しいともいえるわけです。
 
無視されることが、人間の脳にはもっとも苦痛に感じる理由には
このことも含まれているのかもしれません。
※この事に社会的心理も加わります
 
ここで更に分かりやすくするために、例えを出してみましょう。
 
例えば、B'zなどの熱狂的なファンを10万人単位で集めるコンサートでは
その10万人規模の人間が2人の存在を確認します。
 
宜しいでしょうか?
 
どれだけの存在感となるのかが、容易に想像が付くかと存じます。
そしてまた、なぜ同じ人間なのに
あれほどのパワーを感じられるのか?が、腑に落ちることでしょう。
 
わたしはこの、ある意味において”謎”への質問(クエスチョン)が
20代の頃、佐野元春のコンサートでわき起こりました。
 
ともあれ言い換えますと、人は誰かに認めてもらいたい
と誰しも多かれ少なかれ思います。
 
ですよね?
 
社会的承認欲求がありますので。
そこで、ついつい相手に「分かってもらいたい」攻撃をしがちです。
しかしそれは相手も同じだということを忘れがちなのですね。
 
そしてそれ以上に、まずは”自分自身で認識してあげる”
こんな重要なことにも気づけなくなってしまうのです。
 
言葉を変えると
自分で自分を認めてあげなくて、誰に認めてもらうというのだ?」
ということになるでしょう。
 
そして自分を蔑むことで人間自体を蔑むことにもつながり
それは相手や自分の周りへの見方にもつながってきます。
 
裏を返せば、自分の(本体の本当の)価値は
他人に決めさせてはいけません。
なぜなら、他人はコントロールできませんので。
 
ここで余談ですが、
なぜコンビニなどで、人を操るような心理学もどきの本が置いてあり売れているのか?
というと、これは誰かをコントロールしたいという欲求もあるのでしょうが
それよりも、自分自身を守るために「知っておかねば」という無意識的防衛本能から
興味を持たれ売れているといえるでしょう。
だからこそ無くならないのですね。
 
話しを戻しましょう。
 
他人はコントロールできません。
自分自身をコントロールするよりはるかに簡単ではないといえます。
なぜなら自分自身がコントロールされたくない
という考えを確認すると分かりやすいでしょう。
 
そこで自分自身の思考をコントロールすることで
自分を認識し価値を認めてあげる必要が出てきます。
 
というよりもそれしかないのです。
 
もちろん社会的には、他人に迷惑にならないように気をつける必要はありますので
必要以上のナルシストになる必要はありません。
とはいえ、必要以上に人の目を気にすることで、人のせいにしやすくなり
自分の価値をコントロールできにくくなってしまうわけです。
 
そうなると…
 
そうです。
他人へも価値を認められなくなり、他人からも価値を認識されずらくなり…
という悪循環が生まれてしまいかねません。
 
地球は周っていますので、この循環を変える必要があります。
 
あなたもここで得た、
メタ認知を超えた
メタ認識の習慣を身につける
ことで、
良い循環を生み出すことが出来るようになりました。
 
そうです。認識したことで脳内という内面に変化が生まれ
変わり始めたのです。それは未来からの視点で言えば
既に変わったことを意味しております。
 
おめでとうございます!
 
そして最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
脳が現実を創る
いかがでしたか?
 
わたしは毎日、これ以上のことを学ばさせていただいております。
 
マインドチェンジ覚醒塾では、このような
人生やビジネスで根幹をなすもっとも大切なことが学べます。
 

現実世界をもっと楽しく、有意義に、生きることを楽しむために
今すぐマインドをチェンジ!

免責事項:機械で作業中、運転中、または他の場所で注意が必要な状況そして披露がピークに達している時には、当社のオーディオを見るあるいは聞かないでください。このような状況では、私たちはアルバムの使用について一切責任を負いません。このウェブサイトに掲載されているお客様の功績・感想は、口頭によるマーケティング基準に準拠しています。私たちは、感想や意見そしてアイデンティティの正直さを信じています。

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

関連コンテンツ