(NFS実践4)記事の書き方とNFSで得られるメリットとは?

他にはないNFSの特徴とは何でしょうか?
その特徴とは、稼ぐための環境が準備されていることです。
準備されているとはどういうことでしょうか?
そのことに深い関わりの深い記事の書き方についても説明していきたいと思います。

成功するためのサイクル
成功するためには大何が必要なのでしょうか?

そのために必要な事は成功するためのサイクルを出している満たしていることなのです。

そしてその成功するサイクルとはこの点になります。

_ 1. 集客 _
_ 2. ファンになってもらう _
_ 3. 繰り返してもらうことができるか? _

この3つを満たすことができれば十分に稼ぐことができるといえます。

それでは集客について説明をしていきたいと思います。

・NFSの集客について
通常はサイトへのアクセスを自分で集めなくてはいけない。
しかしNFSでは集客も行ってくれるのだ!
つまりサイトにアクセスを集めてくれるのだ。

そのことによって感想を書くことのみに集中することができる。
その効果は計り知れない。

感想を書くことに集中できることで得られる効果はその他のことに目移りがしないということと、

それだけではなく1つのことをやるだけでいいと言うことで心理的負担も大きく軽減されます。

そのことにより失敗する確率はより下がることになります。

・ファンになってもらうという事について
読者にファンになってもらうには通常は様々なキーワードを集め記事を書いているだけではなく、アクセスが集まるようにと言う意識が必要になってくる。
しかしこのNFSでは感想書き続けると言うことで稼ぐ道につなげることができる。

そのことが何を意味するかと言えば

“ 稼ぐことへの迷いを無くす ” と言うことになる。

その事は作業する時間にも大きく影響する。
迷いのある時にする作業と迷いなく作業している時では、作業の集中できている度合いも大きく変わってくるからである。

この点においてもNFSは稼ぎやすいと言える。

・収益を繰り返している事について
通常のアフィリエイトが成約が決まっても、その1回のみで報酬が終了してしまう。
しかしNFSは違う様々な報酬形態があります。
その様々な募集形態がある。

そのことによって単発の報酬が感想を書いているうちに報酬がありモチベーションにつながることそしてその先の単発だけではなく継続的な収入があることによって、

記事などを作成しなくても報酬がもらえるという未来が待っている。

通常そのような事は売り文句として使われているがそのNFSでは十分に可能性があることであると言える。

その理由は先程から説明している複数の報酬形態にある。

そこでNFSの収入形態を常にしておきたいと思う。

主にはこの3つである
1. 感想を書く
今描いているこの感想で報酬が発生することによって、結果が出る前に挫折してしまうと言うことが大幅に減る。

ということは、成功する確率が上がるということである。

そして他の2つはまだ説明を受けていないので、とりあえず私が知っている限りで説明したいと思う。

2. 商品のキーワードで記事を書く
このことは主に何か商品の紹介記事を書いて報酬を得るというものである。

そしてこのNFSの特性が、自分の得意分野の記事を書けるということである。
そのことによって通常記事を作る際に必要なリサーチや調べるものが最小限で済む。
または必要がなくなる場合がある。
そのことで大幅に時間を削減でき、しかも自分が知っている方なので記事をすぐ作成することが出来る。

そうすることで早く報酬という結果繋げることができる。

3. トレンド記事
そのトレンド記事と言うのは今世間で話題になっていることを記事にすることである。
そのことで報酬を得るというものである。
この方法が、この中で1番素早く報酬を得られるものであると言える。
しかし報酬額は低い傾向にある。

・他にはない収入源の多さ
このような収入源の良い環境は他にはない。
他にあったとしてもスキルを身に付けて、そこから開始と言うことで、身に付ける前に継続できなくなるか作業量が少ない集中できないなどの理由で挫折してしまうということが多い。

そしてそういったスキルを教えてくれるところで1番難しいのがスキル通りにやると言う難しさである。

教えられた通りにできない自分を責めてしまうと言うことや、教えてもらったことの例外が現れできないと言うこともありえる。

そしてサポート期間が終わって質問する人がいないと言うことがある。

その点に関してもNFSは心配がない。
サポートが終了するということもないからである。

記事の書き方とコツとは?

これからは記事の書き方について説明したいと思います。

・抽象化と具体化について
まずは、抽象化と抽象化について説明したいと思います。

抽象化と具体化とはそんなに難しく考える必要はありません。
例えば抽象化「このラーメンおいしい」
具体化「〇〇のラーメンおいしい」
具体化と抽象化を使うことで伝えやすくなります。

この2つを使い分けることで、文章が伝わりやすくなります。

抽象「このラーメン美味しい」
具体「こってりしすぎずちょうどいい味」
抽象「だからこのラーメンは美味しい。」
このようにする事で伝わりやすい文章を書くことが出来ます。

・どのような読者が読んでくれるのか?

このどのような読者が読んでくれているのかと言うのもかなり重要です。
読んでくれている人を意識すると言う事が大切です。
その理由は、
読者が違うということになると伝える内容も変わってきますし、
言葉遣いや伝える方向性など執筆するときに、様々なものが変わってくるからです。
次は記事を書くコツについて説明したいと思います。

記事を書くコツとは?

記事を書くコツとは大なんでのでしょうか?
そのコツとは、
まず1つ言えることが伝えたい事を紙に書き出すことです。
紙に書き出した後に、その中で話すことを箇条書きで書き出していきます。
それを記事にすることによって素早く仕上げることが出来ます。

そしてその時に使うと良いのが音声入力です。
この音声入力にすることによって下書きの苦労を大きく削減することができます。
そのことによって、素早く稼ぎに直結することができます。

NFSをやることで出てくる未来

このNFSをやることで見えてくる未来とは定職につかず生活していくことができる未来です。
毎日自分の時間を見て決めて使うことができます。
心身ともに自由になることができます。

そういうことで会社にもとらわれず自由に生きることができるのです。
そして使うお金も増え自分の人生を生きることができます。

まとめ

今回の動画は干潟と他にないNFSの特徴について解説してきました。
NFSは稼ぐ環境が準備されていると言えます。
その理由は、集客をNFSで行ってくれて、ファンになってもらいやすくなる。
そして収益を繰り返して受け取ることができること。
そのことによって自分の過ごしたい未来を過ごすことができるということです。
理想の人生を生きたいですよね!

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

この著者のコンテンツ一覧

成功要素の専門家

成長したい!

いつしかこのように考えるようになりました。

この時期が中学2年生の時です。

そして、どのようにしたら成長できるだろうかと考えてその時に出した結論が、自己啓発をすることでした。

自己啓発の本を買ってとにかく読みました。

そしてあるジャンルとの出会いがありました。

それは、成功法則という分野です。その分野に出会ってからというもの、成功法則の本を読み始めました。

そして、成功法則の本を読み始めて、数年がたった頃にある法則性に気づきます。

それは、成功する人はみんな目標設定をして達成して行っている。

皆さんのように目標を持つことが大切なのか!

そう思い立つようになり、目標設定や達成の方法を学んでいきます。

ある程度本を読んだところで、目標を設定して実践していきました。

そしてこうして上手くいっています。

・・・と言いたいところですが現実には、そう簡単にはいきませんでした。

実際には、目標設定したにも関わらず目標に縛られてしまい身動きが取れなくなってしまいました。

そしてまた、ある本と出会います。

それは、成功に目標設定は必要ない。

必要なのは自分軸だ!

というものでした。

目標設定をして上手くいかなかった理由はこれなのか!

と思いました。

そして、目標設定ではなく自分が何をしたいのかを設定してやっていくことにしました。

しかし、これも上手くいきませんでした。

理由は、そのことが本当したいかどうかもわからず設定してしまった為です。

その為やらされている感を感じてしまいなかなか行動することができませんでした。

そう言ったときにある本とまた出会いました。

モチベーションがあれば実行できる。

というものです。

そして、そのような本を買って読みました。

読んでいるときは、テンションが上がるのですが、読み終わり数日もすれば元に戻ってしまいました。

これも上手くいかない。

一体どうすればいいんだ。。。

改めて考えました。

しかし、答えが出ることがありませんでした。

そしてある本と出会います。

モチベーションは、必要ない!

モチベーションが必要なものは本当はやりたくないこと。

というものです。

そういったものに出会ってからどうしようか?

と考えていました。

最初の定義と逆のものに出会ってしまうためです。

しかしある大切気づきがありました。

その気づきとは、

・自分と向き合い

・自分を知り

・自分に合ったものを使うということです。

どういうことかというと、今まで読んできた本はその人たちの実践して成功した本です。

しかし、自分に合っているのか?

ということは別問題なのです。

自分に合っていなければ、使っても上手くいかないということです。

ここで私は成功法則というものを探すのをやめました。

成功法則ではなく、自分に合ったものを探そう。

そう決めていろいろな本を読みました。

そうしていくごとにどんどん頭の中に情報が入ってきました。

そして、成功する要素は一つではなくたくさんあるということがわかりました。

そして、そのことはシンプルである。

しかし、シンプルであることと実践できることはまた別問題なのです。

要素とは、

・時間管理する力

・体調管理する力

・意思管理する力

・行動管理する力

・思考管理する力

主にこのようなものです。

そして、このようなものを身につけル為にさらに本を読んでいきます。

そうしていくうちに就職の時期になります。

俺は、就職して一生を終えるのは嫌だ。

そのような思いが頭を巡りました。

そして何か就職せずに生きていける道はないのか?

ということを探し始めました。

そして、数年後にその方法と出会うことになります。

その方法とは、アフィリエイトです。

アフィリエイトとは、ブログなどに記事を書いて投稿し、広告を貼り付けその広告がクリックされると収益になると言うものでした。

早速この教材を買いました。

そして、上手くいかずに次々と別のノウハウを買い求めました。

こういう人をノウハウコレクターといいます。

ノウハウだけを集め実績を出せていない人のことです。

そして、これまで様々な教材を買い求めました。

しかしほとんどのものはまずノウハウを実践する環境を自分で準備しなくてはいけません。そして準備できたらノウハウを身につけなければならず、収益を身につけるまでに時間がかかってしまいます。

そしてアクセスが集まらず、ずっと準備期間です。

このような状況の中で自分のノウハウを生かせるチャンスがやってきました。

それは、友人から自分の知っているノウハウを教えてくれといわれました。

そこでその話を受けることにしました。

そして、教えていくとわかりやすいと言われました。

そこでどんどん教えていきました。

教えると言う経験をしていけない部分が分かったのか、ブログを改めて書いてみると前よりアクセスが集まるようになりました。

しかし、生活出来るほどの収入にはなりませんでした。

そして今回のこの新フランチャイズシステムに参加しています。

今までのものとの違いを肌で感じています。

具体的な違いは、動画を見て感想を書くという事以外は、全て準備してくれるということです。

そしてアクセスも集めてくれる。

まさに至れり尽くせりです。

このことだけでもすごいのですが、サポートも手厚く聞いたことに関してわかりやすく返して頂けます。

なので、迷わず進めることができます。

現時点で大切だと思うことは、とにかくやると決めることです。

どんなことがあっても実践する時間を作ること。

そして、実践を続けること。

そうすることで結果の出る環境は、準備されているのです。

もう、この方法で稼げなかったらほかの手法に手を出しても稼げないと言いきれるくらい環境が整っています。

あとはやるのみです。

とここで、私のやりたいことをお伝えしていきます。

私のやりたいことは自分の人生を自由に生きていくことです。

正確に言えば、自由に選択できる状況を作ることです。

例えば、遊びに行きたい。

しかし、これはお金がなければできませんよね?

恋人が欲しい。

これも自分磨きや女性について学ぶことでできますよね!

遊びに行きたいけど遊びに行けない状態と、

遊びに行けるけど行かないとでは天と地の差くらいあります。

そして、恋人を作りたいけどできない状態と作れるけど作らないのこの差が大きいことは一目瞭然ですよね。

どうせ一度きりの人生なら自分の生きたいように生きませんか?

何かに囚われて生きる。

そんな人生を私はいつまでも続けたくないのです。

自分の生きたいように生きて、最期の瞬間に人生に悔いなしと言って老衰したいです。

こうできれば最高の人生だったといえると思います。

そして私はこの人生を生きます!

関連コンテンツ