NFSで学んだ収益アップへの気付きについて

NFS(新フランチャイズシステム)でセッションを受けています。

今回は収益アップについて、非常に重要な気づきを得ることができました。
それは「○○を変えるだけで、大幅に収入に違いが出てくる」ということです。

同じ人間なのに、どうしてこうも収入に開きがあるのか?
お陰様で今回はこの謎が解けました。
しかも実際に直ぐに活用できるところがGOODですね。

新フランチャイズシステムとは

新フランチャイズシステムとは、従来のフランチャイズシステムではまかないきれなかった部分を補うことが出来たシステムです。
副業からでも始められますし、もちろんスタートから本業として本格的に始めることも可能となっています。

フランチャイズシステムのメリットについて

フランチャイズシステムの最大のメリットは、0からスタートしなくてもよい点が挙げられるでしょう。
自分がやるべきことへスタート時から集中していけることで、より早く収益化することが可能です。

フランチャイズシステムのコンビニについて

フランチャイズといえばコンビニですよね。
コンビニは大変だといいますが、実際24時間年中無休の店舗を運営管理していくのは生半可ではできません。

とはいえ、実際には悪いことばかりではないのです。

それは0から起業しようとすれば、ほとんどの場合3年以内に倒産しているというデータがありますが、
コンビニでは今のところほとんどの場合潰れることはありませんし、万が一の場合においても、
真面目にやっていれば、他の新規店舗を紹介してもらえるのです。

フランチャイズシステム セブンイレブン

フランチャイズシステムのセブンイレブンは、コンビニの中でも大きく成功したシステムの1つだといえます。
元々はアメリカから取り入れたものが、逆輸入のような形まで発展したのですから。

フランチャイズシステムの構築について

フランチャイズシステムを個人の力だけで、1から構築しようと思えば無理があるといえるでしょう。
その意味においても、既に構築されているフランチャイズシステムに参加するのが早道だといえます。

 

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

成功啓発マスター森崎正子(もりさきしょうこ)

⇒この著者のコンテンツ一覧と自己開示
新次元金運アップ専門占いセラピスト

占いカウンセラーをしております。森崎正子(もりさきしょうこ)と申します。
原田知代、千秋、吉田羊などの系統の顔だといわれております。
※画像はイメージです

某有名な成功哲学自己啓発会社へ勤めていた経験もございます。
私の仕事は実力社会で完全歩合給ですので、収入もアップダウンが激しい安定しない職業でもあります。

ある日突然、無収入になることも普通にありますので、将来への不安が大きく常にプレッシャーがありました。

センスが必要な仕事なので、寝不足の状態で長時間、集中力を維持するのにもエネルギーを使います。
自分の能力もいつも全開とはいかず、不安がいつもつきまとい疲弊してきておりました。

そんなことでは幸せに導く仕事なんてできませんので、進退も考え悩みました。
しかしほかに資格もないですし、もともと事務などの能力は低く、転職も自信がありません。

そんな中、このプログラムに出会い使い始めたところ
いつの間にか不安感が消えているのに驚きました。
集中力もあがりコンデイションがとてもよくなり、スランプから脱し、良い結果を出せるようになりました。

そしてさらに不思議なのが、お客様がとにかく途絶えません。

三か月後ですでに、月に40万ほど稼ぎ、始める前に比べて収入は二倍になりました。

その他の収入も順調に増え、今となっては当たり前のように月100万以上稼いでいます。

それから、以前の私は体調を崩していたころの意識が強く、好きなことはできない、
あまり体力は使えないと思っていたので、大好きな山登りもあきらめて遠出も控えておりました。

今は週に一回山登りに行けています。ものすごく元気になり行動的になりました。
どこへでも行けますし、人間関係も良好、新たなチャレンジもでき、自分に自信が持てています。

親孝行ができるようになったのも喜びです。年に一回、海外旅行をプレゼントしています。

こちらの商品に出会えて大きく人生がかわりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

成功哲学や自己啓発のご相談または金運アップに関する占いならおまかせください。

関連コンテンツ