NFSの【規約】とはあなたを守るもの。初めて知るその真実の意味とは?

フランチャイズシステムNFSの、「規約・・
この言葉を聞いて、何を思い出すだろうか?

どんな気持ちが沸いてくるだろうか?

正直、私はちょっと構えてんでしまったかもしれない。
い、厳格というイメージがあったからだ。

そもそもそれは、学生時代に培われたものかもしれないが
校則や社会の常識や、決まりごと、約束事、ルール
会社でも就業規則労働規約、契約など身近なものとして接しているので、
そういう認識があった。

過去の経験からしてもそれはお堅いという部類に入る。

何にせよこの「規約」とは、
生きてきた中では、常にどこかで接している無くてはならぬものだ。

ちょっと構えて(襟を正して)深呼吸して、いつものワクワク感とは違う
ドキドキ感に近いような、ある種の緊張を感じつつ厳かに覚悟して、
お腹に力を入れて視聴したのだった。

 

ところが・・・!

 

私の予想をはるかに上回る、テンションの上がる内容であった!

さすが、としか言いようがない・・

「規約」というものが、実はこれほど楽しい、興味を惹く意味があったと誰が思うだろう!

 

 


【規約とは?】

 

規約、取り決め、規則、契約、それは法律や掟と同じである。

国にも会社にもそれぞれ、
らねばならない、契約を取り交わした双方での、速やかに安全に生活し
業務遂行するためのもの。

規約やルールがなければ、この世は無法で溢れて纏まりも無く、大変なことになるだろう。
これがあるから、私たちは安全に安心して生きていけるとも言える。

法があるから守られてすごすことが出来る、ありがたいものだ。

 

そして、ここでの解説には、もう一つ意味が明かされていた。

規約とは、コードである。

プログラムとも言える。

分散させないために、
そして実行し結果をだすために存在
するものであったのだ。

 

私もかつてあちこちスピリチュアル業界をジプシーしてきたが、
多種多様な素晴らしいノウハウが存在し伝授されているのを見てきた。

(もちろん成功者を排出したような)

なのに何故?成功する人としない人に分かれるのか。

その理由がわかった。

■■■■■■■

そうだ、その通りだった。

 

ここでの規約という存在は、それをさせないためのものだったのだ。

■■■■■■■

されなければ、成功に近づく。
確たる信頼の元、規約と言う形でもたらされる恩恵とも言える。
伝えようとする側と、
受けようとする側の
双方が安心して信頼を深め、そして伝授されていくノウハウ。
その余すところ無く伝えられた教えを駆使して、
実行し結果を出すための
そのための「規約」の存在だった。

 

そう、「規約」とは、ただ一つに集中し実行し結果を出すためにある。
「規約」があるお陰で、集中して実行し結果を出せるということだ!

 

それに、規約の内容は何か?

解説は勧められて行き、私の中で、この言葉の持つイメージがどんどん変わっていく。

 

 


躓いたら、不安になったら、すぐに訊く

【わからないこと、躓いたこと、不明不安な時、なんでも質問してよい】

 

これは敢えて言葉にしてもらうことで、改めて
質問していいのだ」と心から安心し、確かな認識になった。

 

「え、こんなこと訊いてもいいの?!」

この言葉がストッパーになって、質問する前に言葉を飲み込む人は多いだろう。

 

わからないことは、質問してもよい。
むしろ、、訊くこと。
時間の節約と、
意識の集中を分散させないために

■■■■■■■

こう言って貰えるのは、なんと嬉しい、ありがたいことではないかと思う。

 

慣性の法則にさからわないように、
これもノウハウ。

本当に、「一点集中」できる環境を整えてくれている。

 

 

私は、そうは言ってもつい、
今迄の常識がこびりついていて
「こんなことは自分で調べてから聞かないと怒られる、
疎まれるのではないか」

と、つい二の足を踏み、留まってしまった。

が、しかし

この今回の概要2を聞いて、それは本当に心得違いだと気づかされた。

もし逆の立場ならどうだろう?

早く結果を出してほしいハズだ。
わからなくて戸惑っているくらいなら
とにかく聞いてほしい。
時間を有効に使って欲しい。
探せば書いてあるとしても、その時間すら惜しいはず。
そこに時間をかけるより、ひとつでも早く記事を書き進めて欲しいと思うはずだ。

そんなワケで、私はそのように与えられた恩寵を
ここぞとばかりに、使わせていただくことにした。

そうしたら、どうだろう!

勇気を持って質問した結果。

それは、新たな仕組みとなって組み込まれ
「質問すればするほど自分の利益に繋がる」
というとんでもない特典が付いてきたのだ!!!!

 

なんというラッキー。

 

ただでさえ、「何でも訊いてよい」というお墨付きがあるのに
さらにそれが「自分のためになる」などという、
聞いた事がない仕組みが出来たのだ。

 

今、私は
否が応にもテンションが上がりまくっている。

 

 


ワクワク感を持ち続けること」

飽くなき好奇心、それは不安や恐怖に打ち勝つただ一つの武器!

この、ワクワク上がりまくったテンション。
これまた、このセッションを聴けば聴くほど、回が進めば進むほど
そして毎回、常に!
私の中で生まれるワクワクした、高揚感。

胸の高鳴り。

私は毎回、味わえている。

 

セッションや作業を進めていくと、必ずブレーキがかかる。

それは不安心配というブレーキ
邪魔なつっかえだ。

これに打ち勝つのは唯一、好奇心
即ちワクワク感だけ。

 

確かに、その通りだ。

子供の頃、誰も行った事が無い山の奥や
砂浜の先、
見知らぬ場所に行くのは恐怖や不安があった。
でも、その先に何があるのか?
それを見たい、知りたいという好奇心が常に勝っていた。

それと同じだ。

私は好奇心の塊のような子供だったから、
ブレーキをかけて止まるより
進んでその先を見たいのだ。

 

ではその、ワクワク感を維持するには?
それは、飽くなき探求心
「もっと知りたい!」
知的好奇心を刺激することだ。

 

「もっと知りたい!これってどういうことなの?何故そうなの?」

 

私にとって打ってつけではないか!
質問が多すぎで嫌われてきた私の、短所が長所に変わるときだ。

 

私だけではない。

もちろん毎回、ワクワクするような趣向を凝らした内容が送られてくるのだから、
ただ素直に受け取って見るだけで、心配不安要素に妨げられていなければ
自然とワクワクしてくると言うものだ。

だからこそ、ワクワク感を出すのを妨げるような要素は
綺麗さっぱりなくしておこう。

心置きなくワクワク進むために!

 

今回も楽しみながら、規約という堅苦しいと思われ勝ちなかのタイトルから構えて入ったはずが
なんともモチベーションが上がり晴れ上がった空のごとく
涼やかな気持ちになっていた。

BGMも、この内容とおりに軽やかで弾んだ、
キラキラした雨上がりの空気のような清々しさだった。

 

さあ、実践が始まった今、これからやるべきことは

最初はとにかくまずコンテンツをできるだけ作ること
そしてそのあとは。。。

ゆくゆくは、
企画やアイデア出しに参加できるという
更なる好奇心を掻き立てる試みが用意されているというではないか!

 

もう好奇心、ワクワクは留まるところを知らないようだ。

次は、どんなことにわくわくさせられるのだろう?!

今から楽しみでしかたない。。

 


まとめ

コードルールというプログラムは、
実行することで結果を出していくもの、と知った。

規約もコードでありプログラム。

だからこそこれを堅く縛られるものと捉えるのではなく
結果を出すためのもの、利用して活かすべきものと捉えることで
新たな新境地にたつことができた。

そして、これからは心に疑問が沸いたら、そして躓いたら
躊躇せずに質問し、コンテンツ作成の加速を止めないこと。

ワクワクとした好奇心満ち溢れる姿勢で、
集中してコンテンツを作成し続けていった先にこそ
求める世界が広がっている・・・

 

※伏せ字は新フランチャイズシステム加盟店様のみ観覧可能です。対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。


NFSにご興味があれば、こちらをクリックしてみて下さい。きっとあなたのめていたものと、出会えるでしょう!!
未来を自分の手で創るためにクリック

最後までお読みいただき、感謝でいっぱいです!!
まだまだ、あなたに伝えることが沢山あります・・・

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

関連コンテンツ