説得不要のテクニック

ンテンツ制作に役立ちそうな内容を、
NFS専用として添えていくことにしました。

以下の記事を読んで、思い出して見てください。

1番最初、どんなキーワードで検索しましたか?
そしてそのキーワードで、どのページ(コンテンツ)を見つけましたか?
更に、どのコンテンツや製品を調べそして実際に何かやってみて決断に至りましたか?

この道のり通りにコンテンツを制作していくことで、
結果への道のりも加速していきます。

「マーケティングの目的は
セールスを不要にすることだ」

そう言ったのは経営学の父
P.F.ドラッカーです。

もしあなたが相手に何か行動を
起こしてもらいたいなら、相手を
説得しようとしてはいけません。

説得しようとした途端、相手は
本能的にあなたから逃げようとします。

「売り込まれる」と思った途端、
見込客はあなたを遠ざけようとします。

でも、どうすればセールスを
することなく商品を購入して
もらうことができるのか?

そのためにマーケティングで
何をしなくてはいけないのか?

それは、、、

「あなたがした経験を見込み客にもさせて、
あなたがたどり着いたのと
同じ結論に到達してもらうこと」

です。どういうことか?

例えば、あなたは、自分の商品を
使えば見込み客は今よりも良い人生を
送ることができると信じていますよね?

では、あなたがそう信じるように
なったきっかけは何でしょうか?

どんな経験をして、そう
信じるようになったんでしょうか?

もっと言うなら、なぜあなたは
そのビジネスをしているのでしょうか?

もちろん、あなたは分かっています。
でも、あなたの見込客は、
まだ気づいていません。

あなたの商品を買えば、
今よりもいい人生、
自分の望む人生を得られる
ということがまだ見えていません。

なぜなら、あなたと同じ
経験をしてきていないからです。

もし見込客があなたと
全く同じ経験をしたなら、
おそらく彼らはあなたと
同じ結論にたどり着くはずです。

なので、マーケティングで
あなたがやるべきことは、
あなたがした経験を早送りで
見込客に経験してもらうことです。

そして、あなたがたどり着いた結論と
同じところにたどり着いてもらうことです。

これを、リッチ・シェフレンは
「啓示:見込客に自ら気づかせるテクニック」
と呼んでいます。

これはとてもパワフルなテクニックです。

実際、リッチはこのテクニックを
マーケティングプロセスはもちろん
無料レポートにも必ず取り入れています。

そうすることで、セールスをしなくても
見込客の心の中には自然と商品に対する
欲求が生まれるようになっているのです。

一言でまとめるなら
『あなたは”既に”知っていることを見込み客は”まだ”知らない』
という内容でした。

冒頭の質問に戻って、どうやってご縁が生まれここまで至ったのか?
その流れを辿って、早速マインドマップに落とし込んでみてください。

Share this post

[mycred_send amount=10 to=”author” ref=”post_like” log=”投稿応援”]著者に応援10ポイントを寄付[/mycred_send]

 

Scroll to Top

何かありましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせください⇒