【NFS実践5後半】超速!ライティングテクニック!!人が動かずにはいられない法則とは?!

こんにちは!新次元メンタルサポートスペシャリストの 久宝 敬美です。
私はいつも、よく「ありがとう」と言う言葉を好きで
しょっちゅう使っているのですが、今日は何故か、言うよりも言われる方が多かったのです。
それだけじゃなく、いつもは私から声をかける人が
向こうから声をかけてきてくれたり。
こういうちょっとしたことが、とても嬉しくてウキウキしていました!
人と人との触れ合い、ご縁。
不思議だけれどとても大切。
二度とは来ない今日と言う日を大事に生きなきゃ!と思いました。

今回は、そんなご縁のお話もあります。

先日、前半としてお伝えしたNFS(新フランチャイズシステム)の
「実践セッションその5 前半」、いかがでしたでしょうか?

今回は後半としてさらに、具体的な秘訣が満載ですよ!
どうぞ、楽しんで行ってくださいね!

今回の実践セッション第5回目の後半は、前半の感想でも書きましたが、
三つの主な内容である

●稼ぐための引き出しとは
●断りきれないオファーについて
●引き付ける文章の超具体的な書き

の、二つ目と三つ目についての伝授でした。
さらに具体的になってきた内容は、どれも今すぐ実践できるような、テクニックが満載でした。

それでは更に濃く深くなってきた後半へ行く前に・・・

自分へのおさらいの意味も含めて、前半で伝授された一つ目の「引き出し」について振り返ってみましょう。

出来る人と出来ない人には「違い」があり、その違いとはそれぞれが持っている
「引き出し」の多さによるのだということ、
そして引き出しとは、その人が今まで生きてきた中で培ってきた、「実践と学習と気づきの蓄積」の事
でしたよね?

この引き出しの数をどんどん増やしていって、コンテンツを書くための引き出しも増やしていく、という
実際に書くための方法を伝授された内容でした。

でも、いくら良いコンテンツを沢山書いたとしても、読まれなければ意味がない。
どんなに魅力的で素晴らしいコンテンツでも、クリックしてもらわなければ
「気付いてもらえなければ、読んですらもらえない」という本末転倒な事になってしまいます。

それでは「目的」は達成されない、そうですよね?

そして前回の最後には、どうすれば相手に気づき、読んでもらえるか、クリックしてもらえるだろうか
という肝の部分にとうとう進んで参りました。

どうですか?知りたいでしょう?
ワクワクしてきたところで、始めましょう。

そうです、後半はここからスタートです!

どうすれば「クリック」(タップ)してくれるのか?カギは脳機能が握っている!!

たり前のことですが、コンテンツを読んでもらうためには、クリックしてもらわなければなりません。
クリックする、という指一本の「行動」を、相手に起こしてもらうと言うことですが
これは本人が「動く」という意思を持ったときに、脳に伝達されて指が動いて
クリックするという事なので、本人の意思が必要ですよね。

「動く」という「気持ち」「意思」を生じさせるためには、どうしたらよいでしょうか?
どんな時だったら動こう、と思うのでしょうか?
実は、人間が「動く必要がある」と感じるには「緊急性」が必要になるのだそうです。

「緊急性」と言っても、ピンと来ないかもしれませんので・・・ちょっと身近な例を出してみますね。

前半でもお話した「トイレ」のように、もし外出中に急にトイレに行きたくなったら?
山の中をドライブしている時や電車で急にトイレに行きたくなった、そんな経験はあなたもあると思います。
これはもう緊急事態発生!ですので、脳は必死にトイレを探すでしょう!

これは脳が「緊急事態だ!今すぐ動かないと!」と感じて必死で行動を起こしている、これは脳が「緊急性を感じた」
から、行動を起こしたということになります。

このように、人を動かそうと思ったら、「緊急性が必要」ということなのです。

 


この法則を知れば、あなたは相手を動かす事が出来る!【緊急性の必要性】

緊急性の必要性がどうして必要か、切羽詰った状態だから脳がサイレンをならして動いてくれると言うことは
あなたも一度や二度は経験したのを思い出し、「あれか」と実感が沸いたかもしれませんね。

この法則は、人間なら誰しも持っている、、、ということは、これを把握できれば
人を動かすことも出来る、となります。

脳の仕組みなのですから、脳は一人に一つ必ず持っていますからね。

「人間が意志を持って動こうとする時、緊急性が必要になると言う脳の仕組み」
という、それを知るだけの事なのです。

では何故、クリックしてもらう時に「緊急性が必要」になるのでしょうか?

 

クリックしてもらう時に「緊急性が必要」なのは何故?

その理由が良くわかる例として、ここでもまた、クエスチョンがありました。
面白いので、あなたも一緒にやってみましょう!

それでは今回のクエスチョンです。

「あなたは、昨日、3日前、7日前、の晩御飯は何を食べたか覚えていますか?」

どうでしょう?あなたはどれくらい前まで、晩御飯を覚えていますか?

私は、、、昨日くらいなら思い出せますが、それ以前は・・・忘れていました。
何か外食や珍しいものを食べたりイベントがあったら別ですが、特に普通の生活だと、、、
特に思い出せないと思います。

ご飯に限らず、3日前に何をしていたか、誰と何を話したか、思い出せますでしょうか?
これが、理由の一つ目です。

 

「人は忘れる生き物」

それは、「人間の脳は、少し前の事も覚えていないくらい忘れてしまう」という、脳の仕組みによるものです。

前半でも「カクテルパーティ効果」のところで出ましたが、脳は全ての音を聞き取るとパンクしてしまうとありました。
あまりに多い、膨大な情報量を処理するのだから当然です。
それと同じように、全ての事を記憶していたら、、大変なことになります。

パソコンやスマホも、記憶容量やデータ容量は、毎日少しずつ溜まっていってパンパンになると
動きも遅く不具合も出たりしますよね。
あれと同じです。

だからよほどのインパクトでも無い限り、脳は少し前の事でも、忘れるのかもしれません。

今すぐやらないと忘れてしまう、忘れて記憶はどこかへ消えてしまう・・・
これは言い換えると、脳は、今目の前にある現実にしかフォーカスしていないということなのです。

でも、「とっても嫌な事」や「物凄く嬉しい事」の記憶は、いつまでも残っていますよね。
特に大切な人との別れやショックを受けたりしたこと、反対に人生で一番幸せだったことなど
いつまでも記憶に留めて、思い出す、、、

そう、これは何度も思い出しているから、そのたびに記憶が蘇り記憶され、刷り込まれていくからなのです。
【NFS実践4】(不幸の連鎖から抜け出し現実を変えるには?あなたが本当に変われるただ一つの方法」)の
感想でも書いていますが、悩みのラビリンスから抜け出せないのと同じです。

そのまま思い出さなければ、脳の仕組みから言っても記憶は薄れて行くのに、
フォーカスし常に思い出すことで、記憶が定着してしまうのです。
楽しいことも悲しいことも、、、
強烈な記憶がいつまでも残る理由、これを知った時、私は深く納得したものです。

脳の仕組みを利用して、忘れたい記憶は忘れ去り、覚えておきたい事は
覚えておくと言う事もできます。
今回のセッションでは、「忘れにくくする方法」も伝授されていました!
あなたも是非、これを利用して役立ててください。

 

「習慣化にしてしまえば忘れない」

例えば、毎朝のあなたの習慣は何ですか?
朝起きて出社するまですることは?会社に行ってすることは?
パターンがある程度決まっているのではないでしょうか。

例えば私だと、毎朝起きたら洗顔し、身支度をしながら珈琲を飲む、さらにソイラテを作って飲む。
最後に歯磨きをして、家を出る時にイヤホンでスマホでセッション動画を起動させて聞きながら出社する。

これがいつものおおまかなパターンです。

ここまでは自然に体が動いて勝手にやっているといっても過言ではないかもしれません。
それほど習慣化している、どんなときも絶対忘れない行動です。

そうです。これが、習慣化の一つなのですが、
人の記憶は、何度も繰り返すことで忘れなくさせる事が出来るのです。

何度も同じ事をする、これは「刷り込み」と言いますが、そうすることで忘れにくくなる。
これは毎日決まったことをするというように習慣化してしまえば、
自動的に行える、それが普通になるというくらい、記憶に刻まれて忘れなくなるのです。

ということで、次に進みましょう。

先ほど「過去」の記憶について質問しましたが、今度は別の角度から
未来の事について質問です。

人間の脳は、少し前の事も覚えていないということですが、それでは反対に
先の事を考える事は脳にとってどういうことなのでしょうか? 

「あなたは、来年の今日の晩御飯を考えたことはありますか?」

そうです、来年の今日。未来の話です。
それが旅行でもイベントでもなければ、何も考え付かないですよね。
そうでなければ「そんな先の事を考えてどうするの?何もないのに無駄じゃない」
と思うからこそ、考えられない、思いつかない。

実はこれも脳の仕組みの一つです。
「遠い未来の事を具体的に考えるのが苦手」というものがあるそうです。
それよりも身近な今、すぐの事を考える方が得意という仕組みだったのです。

このような脳の仕組みは、人間が本能として持っている「生存本能」によるものなのです。

身近な事、近い未来の事しか考えないということ、それはつまり「先の事より今の事」、
それは遠い昔の原始時代、今日を生き延びるために精一杯生きていた頃の
「生き残るための本能」「生存本能」から来るものだったのですね!

そういえば引き寄せの法則や、願望実現法などで、未来をイメージする方法がありますが
「未来をイメージしてもなかなか現実化しない」
という事を良く聞きます。
私も実際そんな経験をしていますが、その理由がここにあったのですね。

このように脳の仕組み、脳機能の話も沢山盛り込まれ、とても興味深く、そして実生活に
役立てていけるのも、このNFSのセッションの特徴です。

私は元々このような脳の仕組みに興味があり、脳に詳しくなりたかったのです。
他のサイトを見ても理解できなかったのに、このNFSで山田招憲さんの説明を聞くと
良く理解できる事に驚きつつも、とても嬉しくありがたいと思っています。

スピリチュアルや霊がどうのとかという世界も面白いですが、より具体的に現実に役立てたいなら
脳の仕組みやポイントを知る事です。

自分の悩みや感情がどこからきてどうなっているのか、どうすれば解消するのかなど分析して、
脳の仕組みも知る事が出来きる「脳の取り扱い説明書」が手に入れば・・・
脳を使いこなし、悩みすら活かしていけるようになるのですから。

この二つの質問から、、脳には「来年の事より今日のご飯のほうが大切」という
優先順位が存在するということもわかりました。
もう一つ緊急性を必要とする理由として脳の仕組みがさらに解説されていました。

 

「脳には優先順位がある」、なぜなら
脳は一度に二つのものをフォーカスできない。一つの事しかフォーカスできないから。

一度にあっちもこっちも、、、、は出来ない。

これは悩んでいる時を思い出すとよくわかるかと思います。
趣味に没頭している時もそうですね。
一つの事に集中して、周りが見えなくなる状態です。
これは良くも悪くも、脳の仕組みによるものだったのです。

フォーカスできないとは、他の事に気をとられていたら(注意が向いていたら)行動してもらえないということであり
そして脳は「今目の前の」事が大切、という仕組みから「先延ばしにしない」「今すぐ」が重要だ、と言えるのです。

「今すぐ」読んでもらわないと、「今すぐ」クリックしてもらわないと、すぐに忘れてしまう。
途中で興味が移って、どこかへ移ってしまったら、忘れさられて二度と戻っては来ない。

せっかくあなたのコンテンツを読みに来てくれたのに、途中で他に気をとられて離脱してしまったら
「また後で読もう」と思っていても、この脳の仕組みからすぐ忘れてしまう、忘却の彼方へ・・

あなたのコンテンツを読みには、二度と再び戻ってこないという可能性がある、
もう二度と会えないかもしれない、永遠のサヨナラになりかねないということなのです。

「いつかまた・・」はありえない=永遠のサヨナラ。

これはご自分の事を考えてみてもそうですよね。
つい忘れてしまう、忘れてしまったということが多々あるかと思います。

「面白そうだな、これ」くらいでは、日々のあれこれ雑多なことに紛れて忘れてしまうものです。
「○日までにやらないといけない」というような緊急性があるものは、今すぐ出来ない時は忘れたら大変なので
どこか忘れないところにメモしたりスケジュールに入れておいたり、あらゆる手段を講じて忘れないようにしますよね。
忘れたら自分が損をしてしまいますから、それは当然のことだと思います。

このことからもわかるように、インパクトのある、緊急性の必要性を演出するということが必要になるのです。
「今すぐやったほうがいいですよ」「今しかありませんよ」という事を教えてあげると言う事なのですね。

例えば、
「あなたがこれを読めるのは今しか在りませんよ!」
「あなたにとってお得なのは今だけ!」
「今だけ限定!」
このような言葉は「今すぐ○○しないと損をする」ということを教える事で、緊急性を感じ、行動を起こす(クリック、タップ)する
という理由から、良く使われているというのがわかります。

ネット上ではもちろん、スーパーやお店のちらし、店頭、いたるところにこの文字は確認できます。
それを知る事も、また楽しいですね。

例えばクリックボタンにしてもただ「こちらをクリック」だけではなく、
「今すぐクリック!」
「●●はこちら!」
「今すぐ送信!」
など「今すぐ」という言葉を付けた方が、クリックする確率が高い
と言う結果があるので使われているテクニックだそうです。

クリックボタンに添える言葉は出来るだけ具体的に書けば書くほど(あまり長いのはデザイン的には良くないですが)
相手は行動しやすくなる、逆に言えばそこまでしないとなかなか行動を起こせないと言う脳の仕組みがあるのだそうです。

「あなたは今すぐ指先でここをクリックして、次のページで必要事項に記入して申し込むだけ!」
これは具体的ですが、こちらからしたら「ここまで?」と思うくらい、
こんな当たり前のことまで書くの?ということまで書いたほうが良いのだそうです。

相手はまだ行動を決めてないのですから、行動しやすくするためには
そこまで書いたほうが具体的にイメージしやすくなり、行動しやすくなるということなのですが

これにもちゃんと理由があるのです。

「人は文字を読んだ時に既にイメージで体験している」

実際に「このボタンをクリックして、必要事項に記入して送信!
という超具体的な文字が書かれていたとします。
この時点ではまだ、相手は行動を決めていません。
クリックするかしないか、決済に行くか行かないか。。
ですから、相手が行動をイメージするような言葉を使うとより効果が高くなります。

なぜなら、人は文字や言葉を見た・読んだ瞬間、脳内でイメージし、
頭の中ですでに書かれた事をやっているのです。

これはイメージしないと読めないと言う理由からですが、
この場合だと脳はすでに、「クリックして必要事項に記入して送信」している、完了していると認識していることになります。

でも、それはあくまで脳内での体験であり、実際にはまだ行動を起こしていません。

実際にはまだ行動を起こしていない、クリックしていないのだけど
頭の中では読んだ時一度体験しているので、脳の中では「一貫性が無い」ということになり
非常に不安定になり落ち着きがなくなってきます。
これは「一貫性が無いと不安定になる」という脳の仕組みからくるもので
それを補うために、「一貫性を保とうと努力」し、足りない分、即ち「実際に行動していない部分」を
補うために、「同じ行動を取ろうとする」、ということになるのです。

なので、その現実と脳内の差分を補うために、現実世界でも「クリックする」という行動を起こすことになるのです。

そのために、前述したようにボタンにはより具体的な「ここをクリックして、申込欄に記入して送信!」という言葉で
表示してあげたほうが、相手が行動しやすくなるということなのです。

このように人の行動、心理ががだんだんわかってくると、自分が何故そういう行動を取ったのか、
それも理解できてきます。
今までの腑に落ちなかった事が、どんどん納得出来てくるので、スッキリとしてくるのですね。

今回もとても深く納得の行く解説でした。

では次に、コンテンツをさらに生かすために必要な、「希少性の演出」についての解説に迫ってみましょう!

 

「損失回避性という脳の性質、それは何かを失う事を避けようとする性質」

これも、「人が行動を起こすために必要な緊急性の必要性」の演出のために重要な
脳に備わっている性質の一つです。
損失回避性という性質は、「○をしないと、○を失うことを避けようとする性質」、
失いたくないからやる」という、脳の仕組みですね。

人はこの脳の仕組みから、「損失回避性」を刺激されると行動すると言う結果があるそうです。

すぐに忘れてしまう」という事と、そして緊急性の必要性がないと、そうでないと行動を起こせない脳の仕組みから
今すぐ!」が必要ということは、とてもよくわかりました。
さらにこの緊急性の必要性の理由のひとつである「損失回避性」は
「今すぐ○○をやらないと○を失ってしまいますよ」という、「限定性、希少性」を高めることで、
購買動機を高めるため使われている、、一般的で実践的なテクニックです。

「今すぐ●●しないと二度と手に入らない」「今だけ限定」「何曜日だけ安い」
等と言った言葉ですね。
私も良くお店やスーパーやネットでも見ます。

人は、「今だけ」とか「ここだけ」「限定」と言う言葉に弱いとは良く言われますが、
これも脳の仕組みに拠るものだったとは、、、知れば知るほど面白くなってきます!

確かに、ただ「これいいですよ」では、「ふうん、そうなんだ。覚えておこう。今は良いや」
そう言って素通りして、その時は覚えていてもいつの間にか忘れ切って結局買わない。
そんな経験があなたにもあると思います。

これがあなたのコンテンツに置き換えてみると、良くわかりますよね。
こんなに一生懸命、力を思いを込めて作ったコンテンツなのに、
そのコンテンツにご縁があってせっかく訪れてくれた読者様が永遠のさよならになっては、
あなたは目的を果たせない。
そしてあなたの力作のコンテンツは、意味がなくなってしまう。

それを避けるために、防ぐために今回のセッションで明かされた

・動く時は緊急性の演出が必要
脳の仕組みから、緊急性がないと動く必要を感じないから、動かないということ
・せっかくいただいたご縁が永遠のさよなら
「今すぐしてもらわないと、忘れられてしまう」
「他の事に気を取られていては見てもらえない」

このような事に対処して目的を達成しなければなりません。
そのための、コンテンツへの具体的な実践方法の伝授、だったのです。

これで、緊急性を演出し、希少性を高めて損失回避性を活かし購買動機に繋げていき
濃いアクセスを集めるための具体的な方法がわかったのです。

やらない手はありませんよね!私もさっそく、実践チャレンジです!

今だけ加盟金無料で試せます!もう二度とないかもしれないチャンスを逃さないでください!⇒ ⇒NFSの世界へGO!!!

このコンテンツを今読んでくれているあなたとは、ここで私とご縁を持った、ということになります。

もし、あなたが、途中で「後で読もう~」、とどこかへいってしまったら、、、
っかくいただいた「ご縁」が、「永遠のさよなら」になってしまう、せっかくコンテンツを読みに来てくれたのに、、、
という事になっていたかもしれません。

後で読む、っていつ?次に会うのはいつ?いいえ、次は永遠に来ないかもしれない

実はこの「永遠にサヨナラ」というこの「今でなければ二度と来ない」「めぐり合えない」
というコンテンツを読んでもらえるかどうかのご縁、このご縁は実は、お金」の流れとも同じということなのです。

 

 


「ご縁」と「お金」の深い関係。この二つは同じもの。

 

よく、「お金の切れ目が縁の切れ目」という事を言われます。
これはあまり良い意味で使われていないように思いますが、切れ目ということは繋がっていたことになりますよね。
人とのご縁には、お金の流れがある、ということを表しているように思います。

実はこの「ご縁」と「お金」、この二つには非常に重要な関係があります。

これは非常に重要な意味があると気づきました。
それは。。

お金の流れを作るには、ご縁を大切にするしかないという事です。

お金とは、共通の価値観によって決められる、流通している通貨のことですが
これを作ったのは人間であり、動物でも神様でもありません。
そして人間だけが使っています。
動物を可愛がったとしても、その代償に動物からお金をいただく、なんてことはありませんよね?

まだお金が無かったとき、人々は物々交換をしていました。
勿論今でもお金ではなく物で交換する国や地域があると思いますが、
物々交換の世界はけっこう大変だと思いませんか?
馬や牛といった生き物で交換とか、大量の米や野菜や果物と交換したり
もし、海外への飛行機代を払うとなったら一体どのくらいの物が必要でしょうか。

お金、それもお札であれば持ち運びも便利ですね。
そうやって人が便利にするために工夫して作り使ってきたのが、「お金」です。

人と人とのご縁を結ぶことでお金は流れて行く、ということは・・・
お金の流れは人とのご縁と同じ。
ご縁の流れは、ご円の流れ、即ちお金の流れということになるのではないでしょうか?

人とのご縁を作ることは、お金のご縁を作るのと同じ
人と人とのご縁を大切にすることは、お金の流れを作っているのと同じ・
そしてお金を持っている人は如何に人とのご縁を大切にしているか、ということなのです。

つまり、お金の流れを作るには、ご縁を大切にするしかない

そしてそのご縁は、脳の仕組みから、緊急性の必要性によって
今すぐ掴まないと、みすみす見逃してしまう。
人の心はまさに、チャンスの女神の前髪と同じ、ということが言えるかと思います。

如何に、「今」が大切か。
「今」しかない、今すぐ人の心を掴むか!掴めるか!、と言うことで運命の分かれ道、
この瞬間にまさに円(縁)の分かれ道が決まるということなのです。

「永遠のさよなら」「また後で、は二度と来ない」は、
お金の流れを作るチャンスもご縁も逃してしまうことになるのですね。

私が何故NFSをやっているのか、そしてあなたがNFSを始める目的は
「収益を出す」ということでしすよね?
私もそうですし、これを読んでいるあなたも、収益を得たい、そのためのビジネスを探して
ここに辿り着いたのだと思うのですが、
ということは、目的は、「お金の流れを作ること」になります。
であれば、特にご縁を大切にするということですよね。

そのためには、「緊急性の必要性を肝に銘じ」、活用して行くことが重要なのです。

緊急性を蔑ろにするのは、
ご縁を蔑ろにする事であり
ご縁を蔑ろにするのは
お金を蔑ろにする事

すべては、ここで書いてきたように、「繋がっている」ということになるのです。

本物のプロだけが持つ、【プロ意識】、目的意識とは?

プロとアマの違いは【目的意識】の違い

 

お金をいただくからには、NFSで収益を上げていこうとするならば、例え紹介報酬であっても
結果としてお金をいただく形になるのは変りません。
お金をいただくからには、プロとしての意識を持つ必要があります。

プロ意識、とは、プロとアマ(アマチュア)の違いとは何でしょうか?
どうすればプロになれるのでしょうか?

それは資格やスキルではなく、これさえあればプロになれる、プロと言えるものです。
そして逆に、これがなければプロではない、プロとは言えない、真髄と言えるものだと思います。

まずアマとプロの違いは何か、考えて見ましょう。
「責任感」があるかないか、というものがまず見えてきます。

アマは、お金を貰わない代わりに責任もありません。日記のようなものを書いて自己満足でもいいわけです。
プロは、お金を貰う代わりにそのコンテンツに「責任感」を持つ。もちろん、嘘やいい加減なことは書けません。

自分の書いた事、言った事に責任を持つ、ということですよね。
お金をもらう以上は、責任が生じると言う事は、あなたもすでにお分かりの事だと思います。

責任感」があるか、ないか。まずそこが重要な違いとなります。
そしてもう一つ決定的なのは、「プロ意識」という「目的意識」、これがあるかないか、という違いがあるのです。
この「目的意識」を持った「プロ」だからこそ、人を動かす事が出来るのです。

では、この、「人を動かすためのプロの目的意識」について、もっと深く探ってみましょう!

では目的意識とは何なのでしょうか?
今回の後半では、人を動かすためのノウハウ、テクニックが伝授されておりますが
何のために人を動かすのか?と言えば、「目的」である「収益を得る」ためですよね?
ではこの目的のためには何が必要なのでしょうか?

それは「目的意識」をしっかりと明確に持つ、ということでもありますが
これは「クリックさせるための心構え」ということになります。

「クリックしてもらう」ではなく、「クリックさせる」??
あなたは、ちょっと嫌な感じを覚えるかもしれません。
「クリックしてもらうのじゃなくてさせるの?なんだかそれって・・・」
そうですね、強引な感じがするかもしれません。

でも、プロの目的意識の視点から見るとその意味がよくわかります。

例えば・・・こんな例はどうでしょう。
これは私の中学の数学の先生が、入学当初に言った言葉です。

「お前ら数学が嫌いか?よし、俺が絶対に好きにさせてやる!」

なんて頼もしい言葉でしょう!
この先生は、卒業までみんなの心をぐっと掴んだまま、女子にも大人気の先生でした。

この先生のような心意気、絶対に好きにさせてやる!という意気込み。
その気持ちの表れだと思ってみてください。

このような心意気を「プロ意識」と言います。

「プロ意識」を持つことで、相手に伝わる、信頼してもらえるということなのです。

だから私もあなたも、コンテンツを書いてクリックしてもらうためには、
「素人気分の日記」ではダメなのです。
もっと強い気持ち、意気込みが必要なのです。

このプロ意識の「プロ」とは、先ほどの例では教師という免許が必要ですが
何も資格や免許が必要なわけではありません。

ただ、「意識を変える」、「心構えを持つ」だけで、「プロ」になれる意識ということなのです。
逆に言えば、このプロ意識がなければ、たとえ免許や資格をもっていようと「プロではない」
ともいえます。

 


お金をいただくというプロ意識、目的意識とは

 

ここでは「お笑い芸人」さんを例に、分かりやすく説明されていました。
何故、芸能人というより具体的な「お笑い芸人さん」を例に出すのかと言うと、これも理由があってのことなのです。
彼らは独立起業と同じというスタンスの、実力社会で生きています。
実力があれば結果が出る、結果を出せば見返りが得られるという、厳しい世界で結果を出している、
それは独立起業と同じ、似ているということからです。

そのお笑い芸人さんの目的とは何かと言うと、「笑ってもらう」「人を笑わせる」という事ですよね。
表向きは「よろしければ笑って下さいね~!」という軽いソフトな感じですが、
その目的意識はというと、これはプロですから、「プロ意識」があればあるほど
「笑わせる!何としても笑わせてみせる!」
という意識、意気込みがあるのではないでしょうか?

これは観客の視点からみてみるとわかりやすいと思います。

もし自分が観客だったら、「笑ってやった」という意識ではお金を払いたくないですよね?

それではクレームに繋がりかねません。
無理矢理笑ってもらった上にお金を払わせるのでは、気持ちよいわけありませんよね。
そんなことでは「プロ失格」ということになってしまいます。

観客が、「ああ、面白かった!楽しかった!笑わせてもらったよ!ありがとう!」
と、心から感謝の気持ちが沸いてくる、そういう気持ちになってこそ
「お金を出す価値がある」と思わせることが出来るのではないでしょうか?

むしろ、お金を貰った上に、お客さまから「幸せな気持ちになった、楽しかった!」
「笑わせてもらった!」と感謝までされたら、どんな気持ちですか?
嬉しくてこっちまで幸せになりますよね!
それこそ目指す結果と言えます。

先ほど例に出した数学の教師は、みんなの前で宣言しましたが、
本来このような心構え、決意は口に出さなくてよいものです。
お笑い芸人さんも、心意気は笑わせてやる!と思っていても
表に出してはいませんよね。

登場シーンの、よくあるパターンの「はーい、どうもぉ~!」と言いながら自ら拍手して出てくるのも 
よく「つかみはOK!」というように、最初の一呼吸で観客のこころをグッとつかむ、そんな間合いを読む、
掴む能力というかテクニックを彼らは身に付けているのかもしれないと思います。

笑ってくださいね~というにこやかな態度でいるけれど、心の底では・・
「絶対に、一人残らず笑わせて見せる!」
という、必ず結果を出すと言う強い気持ちが、使命感がらみなぎっている。
そしてさらにその奥では、楽しませよう、笑って笑顔で幸せになって欲しいという
相手への思いやりが存在しているとも思います。

これがお笑い芸人さんのプロ意識、なのです。

これからお笑い芸人さんたちを見るときは、そういう裏の事情も見るようにしてみると
きっと、違う一面が見えて、もっと面白く楽しくなる事でしょう。

他にも、スピーチや音楽の演奏なども同じです。
スピーチや音楽を、「聴いてもらう」のではなく「聴かせる」という心意気でやる。

観客、視聴者は、それを聴いて「良い音楽を聞かせてもらった、感動した、ありがとう」と言う気持ちをいだかせたら
演奏者は「お金を貰って感謝までしてもらえる」のです。
最高ではないですか?

これはコンテンツ作成でも同じことです。
これと同じ心構え、「 コンテンツを読ませる」という心意気、「なんとしても、クリックさせる」という
目的意識、決意を持つ。

そしてこの目的意識の前提として、「あくまでも相手の事を心から思いやる使命感から出た」ものであること。
これはテクニックではありません。
自分の心の中の思いであり、決意であり、使命感です。

わざわざ自分から言う必要はありません。
でも、読んで下さった相手への感謝の気持ちは、目に見える形で表した方が良いのです。
コンテンツの最後に、訪問への御礼と感謝を添える、これだけでも印象はかなり違うのではないでしょうか?

冒頭で書いたように、「ありがとう」という感謝の言葉は、とても大きな力を持つと私は思っています。
心で思っていてもなかなか相手に伝わらない事もありますよね。
ご家族や身近な存在であればあるほど、いつの間にか口に出して、言葉で伝えることがなくなっているかもしれません。
言わなくてもわかるだろうと思いがちなことですが、やはり言ったほうが伝わる、そしてやはり嬉しいものだと思うのです。

反対に目的意識プロ意識とは、「見えない心意気、心構え」とも言えるもの。
口に出す必要はないですが、ここまでの強い心構えがなければ、人は動かせない、簡単ではないと言えます。
適当に気楽なコンテンツを書いて、甘い気持ちでクリックしてもらおう、では通用しないのです。

だからこそ、「クリックするのは当たり前」というくらいの手順を踏んで、道筋を作っていくことで
「クリックしないほうがおかしい」というところまでにしていかねばならない、そのための心構えの伝授、となります。
そして、それは安定した収入を得る、そして継続していくということに繋がっていくのです。

NFSに加入するなら今がチャンス!今だけ期間限定企画あり!今すぐクリックして確認する⇒ ⇒NFSの世界へGO!!!

断りきれない【オファー(提案)】を出す!

 

いよいよ、3つの主な内容の二つ目である「実践に使える具体的なテクニック」です!
断りきれないオファー、とは何でしょうか?

まずはそこから、行って見ましょう!

オファー、とは提案です。

ライティングテクニックとはいわば、この「オファー(提案)」を、如何に的確に相手に伝えやすく書けるか?
そして相手が理解しオファーを受けると言う結果を導き出せるか、というテクニックとも言えます。

ライティングテクニック=オファー

ということですね。

例えば、あなたのコンテンツページに来る人を想像してみましょう。
その方は何故、来られたのだと思いますか?

何か悩みがあって、解決の糸口を求めて来る人、
特定の問題を抱えていて、その解決方法を探してくる人、
私のコンテンツに来る方なら、NFSをやってみたいけどまだ決断できないから、実践者の感想を見てみようとか
自分の知りたい事が書いてないかな、欲しい答えがないだろうか、自分の求める情報はないか、、、
という理由で来られるのだと思います。

ということはせっかくコンテンツに辿り着いて、真剣に読んでくれているのに
その悩みや問題や、知りたいという情報、
相手の問題を解決する提案が書いてなかったら、、
相手にとって意味のないページということですから、離脱して帰ってしまいますよね。

あなたもそうですよね?
今このコンテンツを読んでくれているあなたは、何か目的があって、それを探しに来られたのではないでしょうか?
あるいはもっと詳しく、NFSの実践者の感想を知りたくて、来られたのかもしれませんね。
その答えがこのコンテンツで、見つかりましたでしょうか?
あなたの不安や迷いを解決できたでしょうか?

もしそうでなかったら、このコンテンツは単なる日記、意味がないものになってしまいます。
もちろん私はそうするつもりはありませんし、なんとしてもあなたに問題を解決してもらいたい、
不安や悩みを解決してもらいたいと思って、書いております。

あなたが興味を持ってこのページに来てくださったからには、
私はあなたにここで、問題を解決してもらいたいと思います。

少しでも役に立ち、解決のきっかけを得ていただけなければ、意味がないのです。

話を戻しますと、相手の問題を解決するための提案がある」というコンテンツでなければならないわけです。

オファー、提案として具体的に実践していくには、コンテンツの中で、相手の悩みを解決する手段になりそうな
商品や方法を、「これではいかがでしょうか?」と紹介していくことです。

それが、探している方、必要とする方に提案していく「オファー」であり、
そのために、ライティングテクニックを駆使してコンテンツを作成していく、ということにもなるのです。

 


断りきれない「最強の」オファーとは?

 

あなたがした提案(オファー)を相手が受けるか受けないか、という選択が
「クリックするかしないか」という相手の動き、行動ということになります。

相手はそのオファーを受けるか断るかと言う選択し、クリック(オファー)を受けるかどうか、
決済をするかしないか決める、決断するということですね。

それならば、オファー(提案)をするなら、断りきれないようなオファーをする。

相手も「これを探していた!」と喜んでくれるものを提案できればベストですね。
断りきれないオファーとは、相手が断る理由がない、というくらい強力なオファーの事です。

強力なオファーにするには、どうせなら、一つのコンテンツを読みに来る何人もの人へ
同時にオファーをかけたほうが良いのだそうです。
なぜなら、何人もの人へ同時にオファーを出す事でクリックする確率が何倍にもなる、
何倍も強力になるという、テコの原理が使えるということになるからです。

そして、最強のオファーとは・・・
保証をつける」ということだったのです。

自分の過去を振り返ってみると、あなたの今の不安も迷いも手に取るようにわかります。

「だって、本当に出来るのかわからないのに決断できないし」
「私でも出来るのかわからないし・・・」
「実際やったら出来ないかもしれないし」

そうですね、あれこれと浮かんできて、なかなか決断できないものです。
やったことがないので、自分でも出来るのかどうか?それは不安になるのも無理はないですね。
まして先の事を考えるのは苦手な脳ですから・・・

そんな時、保証してくれたら、どう思いますか?
あなたの心配不安を、「わかりました、ではこうしましょう!」と、快く引き受けてくれ、「大丈夫です!」と
保証をしてくれたら、、、

断る理由は、なくなりますよね?

さらに、「万が一にも出来なかった場合は、責任を取ります」と胸を叩いてくれたら?

もし、万が一にも上手く行かなかった場合でも、責任を取ってくれるなら・・・

これなら、決断できるのではないでしょうか?

もしあなたが、提供をする立場で、そのオファーに保証を付けたとします。
迷っている相手への保証をする場合、保証してあげれば相手は安心しますが、
保証を付けたあなたの方には責任が生じます。

でもそれは同時に、そこまでの責任を負ってまでも紹介したい、責任を持って紹介できるほどの自信がある、
そこまでの商品なのだと証明することにもなると思いませんか?
さらにいうならば、商品価値すら上げるということにも・・・・

そして何より、紹介した人に対して「あのひとがそこまで言うなら。。。」という信頼関係があればこそ
あなたもそれを買おうと決断したのではないでしょうか?
相手の信頼を得る、そのためにも真剣に責任を持って相手の事を思いやること、それは絶対に必要であると
私は思います。

オファーを受けるかどうするか、これはお金が生じるので当然、慎重にもなりますし、即決はなかなか出来にくいでしょう。
だからこそ、「私が責任をもって保証します、紹介します」ということに責任を持ち、誠意を見せることで
相手にそれが伝わり、そして信頼関係が築かれていき、安心して購入できる、ということになると思います。

保証があるとないとでは大違いなのはもちろんのこと、さらに信頼を得る事で、この保証の効果は
さらに強くなるのではないかと思います。

さらに、それでもまだ、慎重に慎重を重ねて吟味されるなら。。。
今まで色々なところでお金をかけて結果が出なかったなら、当然簡単にはいかないでしょう。

そんな時に、相手が安心してくれる究極の保証の言葉があります。

「全責任を取る」

「万が一の場合は私が全ての責任を取ります」、と保証し、相手があなたを信頼してくれれば
相手は断る理由がなくなって、動くしかなくなります。
責任=保証、そして信頼感は、「人を動かす」力があるのです。

それでも、もし不安があるなら・・

「本気で行動できる方に限り」

この一言を添えて見ましょう。
これは嘘ではありません。NFSは本気でやれば結果が出る、そのような仕組みを持つビジネスシステムなのは
すでにこれまで感想コンテンツに書いてきました。
楽しい努力は必要です。楽して寝ながら、、、ではありません。
努力もなしに、結果を出せると思うような人は、まずNFSをやろうとは思わないでしょう。

私のコンテンツや、他の加盟店様の感想コンテンツを読まれたあなたであれば、
それはもう充分ご理解いただいていると思います。

それでもまだ、やりたいけれど自分の状況や事情でやれるのか不安だ、やれなかったらどうしよう、
こんなこと聞いても大丈夫だろうか、、、等等迷っているという人ならば
どんどん聞いて下さい。そして不安を払拭して下さい。

その上で、やる!と決めたなら、あなたも今度はコンテンツを発信する側として
自信をもって、責任を持って、保証をつけてお勧めしたらよいと思います。

自信と責任をもって、このような保証をつけることは、
将来楽しみな結果になる、
大きな結果を出すことにも繋がっていくのです。

もしあなたが、私を信頼してくれるなら、あなたが本気で臨まれるなら
コンテンツを書き結果を出すまで私が責任持ってサポートするとお約束します。

もちろんあなたにも、ご事情があるでしょう。
始める前の不安も、やれるかどうかという自信も、充分ではないかもしれません。
でも、あなたのやる気、やりたいと言う気持ちがあるなら、
私はあなたをサポートします。
なぜなら、私と同じだからです。
私と同じ事情があっても、出来るという事を、私は証明していきます。
そしてあなたにも、実感してもらいたいと思います。

一歩一歩確実に努力し前進していけば、そして諦めなければ、
必ず夢は叶います。

私はあなたに、それを保証します。

開発者の山田招憲さんは、今回のセッションの中でこのように話されていました。

「あなたが思うような不安な結末にはならない」

それはありえないと。
とても安心、信頼できる、力強い言葉ですよね。
スーッと、心が軽くなっていくようです。
本当に言葉には、不思議な力があると思えた瞬間でした。

ここまで山田招憲さんが自信を持って開発されたNFSは、
実際に結果が出るように工夫して作られたシステムであると同時に
サポートもバックアップ体制も備えられている、だからこそやりたい人、やる気がある人なら
必ず結果が出せるのだ。と思います。

証というと、「結果が出なければ全額返金します!」という返金保証がありますが
 そこまでではなくても「結果が出るまで私がサポートします」という保証の仕方もあります。

事務局側からも、強いオファーをかけられるように工夫をしてくれるということもあり、安心できる支援はもちろんあります。

でも、今回伝授された内容はどれも具体的ですぐに取り組めるものばかりです。
私達加盟店自身が、まず濃いアクセスを集められるように、
そして結果をだせるようにという思いがあっての、秘伝公開、伝授となったのです。

これを是非実践し、責任と絶対の自信を持って、オファーをしていきましょう!

みすみすチャンスを逃すのは、ご縁を逃すのは避け方を知っているのにやらないなんて
ありえない、勿体無いことですよね。

では実際に実践するために、「絶対の自信」について深く理解して行きましょう。

 

 


「根拠のない自信」、これは正解だった!

 

あなたは自信が欲しいと思ったことがありませんか?
しかも絶対不動の揺ぎ無い自信です。
いくら自分で自信を持とうと頑張っても、外部からの事象や、肯定的でない思考が出たりすると
脆くも崩れ去る自信ではなく、もっともっと強い、確固たる自信を持つには
どうしたらよいのでしょうか?

絶対の自信を持つのに、理由や根拠は要るのでしょうか?
良く言われる事に、「あなたのその、根拠のない自信っていったいどこから来るの?」という言葉があります。
良い意味でも悪い意味でも言われる場合がありますが、これは実は「正解」だったのです。

つまり、、、

「自信を持つのに根拠はいらない」

ということだったのです。

これは何事においてもそうですが、自分ではなく相手、あなたから情報を取得する相手には
根拠や理由が必要です。

でも自分自身には、心理学的に言っても「自信を持つのに根拠は全く必要ない」のだそうです。

もし自信を持ちたいがために、あれやこれやと理由や根拠を探して言えば言うほど・・・
あなたの自信は無くなって行く・・・

今までの過去の自分を思い出し、私は理解しました。
理由や根拠を探して「あれだから、これだから」大丈夫、自信を持てる、と言い聞かせてきたのですから
これでは上手く行くはずなかったのですね。

これからは、ここで教えていただいたこと実践あるのみです。

それは、
もし自信が思うようにわいてこなかったとしても、自信がある!と断言することで
そうなっていくということです。

さっきと逆で言えば言うほど、自信は、沸いてくる。

もし沸いてこなかったら、繰り返し「自信がある、自信を持つ」と自分に言い聞かせる、言う事です。
それが積み重なっていき、蓄積されていき、最後には、気が付いたら
自信に満ち溢れた自分になっているということになるのです。

 

これは自信のない、自信を持ちたいあなたは是非、実践してみてくださいね!

絶対の自信を持つということは、大きな結果に繋がる、大きな収入に繋がるということになります。
絶対の自信、根拠はいらない。
この絶対の自信は、あなたの大きな収入に、即繋がるのです。

自信がなければ、自信をつけるために頑張るしかないということも過去のコンテンツで書きました。
そのコンテンツにも書いたことですが、「未来からの視点」で見るということができます。

もし、これまでの過去の経験から、「出来るわけない」というような反発心が出てしまった時は
そういう時はこの、「未来からの視点」でみてください。

今の自分の視点ではなく、既に成功した、すでに絶対の自信を持っている、
出来ている「未来のあなたの視点」で見るのです。

そしてまた、「まだ結果が出ていないのに、自信も責任も持てない」と言う気持ちが出てしまうような時もあるかもしれません。
そんな時は、「今既に持っている、出来ている事」「今有る」事にフォーカスするのです。
まだ持っていないものではなく。

自信をつけるために、今あなたは頑張っているのなら、それを確認して、認識すればよいのです。

それが、「既にある実績、今自分がまさにやれていること」であり、
それはこのNFSのセッションを受け、動画を見て感想コンテンツを書いている事自体が、
その姿がすでに実績、結果ということなのです。

今真剣に聞いて頑張ってやっていると言う事自体が、その姿がすでに結果を出している実績ということであり
まだ世界の中で数人しかやっていないこのNFS、他の人がやっていない事をやっているという実績
それが「すでにある実績」=セッションを聴いて感想コンテンツを頑張って書いている、という
「今あるもの」「すでに出来ているもの」に意識を向ける、フォーカスするということです。
それが、結果を見せていると言う事になるのです。

これは過去のコンテンツでも書いていますが、「結果を見せれば結果が出せる」と言う事に繋がって
結果を出せるという事に、なるのです。

【極秘】引き付ける文章の簡単な書き方とは・・・

 

これは、超具体的で、
「ただやれば、結果が出る」という超具体的で簡単なそして効果の高い方法です。
本当に誰でもできる、小学生でもできること。

もしこれでもやれないというならそれは、ブロックがかかっているということで
マインドの話が必要になりますが、それほどまでに誰でも出来る内容です。

ここからは、極秘。。。。ということで、
あなたが加盟店としてもし参加されるのであれば、その時に聞けるので
それまでお楽しみに・・・・

感想だけお伝えしますと、
本当に簡単で誰でも(小学生でも出来る、これは本当です)今すぐ何も知識もなくても
どこでもできる。
凄く簡単で、しかも面白い実践方法、テクニックです。
おそらく、やっているだけで自分もひきつけられてしまうような、、、
強烈な、それでいて面白いことなのですよ!

はい。どうぞ、この事を覚えておいてくださいませ。

 

 

どうしても知りたいあなた、もしNFSに加入されるなら今がチャンスです!

ぜなら・・・知りたい方はこの下にあるボタンを「今すぐ」クリックして、先に進んでくださいね!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まだ間に合う!「今だけ」加盟金無料で試せるチャンス!お問い合わせはコチラをクリック!⇒⇒NFSを詳しく知る!!!

 

いかがでしたか?
少しでも楽しんでいただけたでしょうか?

この感想の内容があなたにとって、一つでも、少しでも
何かの形で役に立つなら、
これほど嬉しいことはありません。
 

もし、何かご不明な点や、聞いてみたいことなどがあればいつでも、
私・久宝まで、ヘルプデスクよりご連絡ください。
どんなことでも結構です。実践者としての回答を差し上げます。
 
それでは、今回もここまでお付き合いいただき、まことにありがとうございました。
また、次の感想でお会いいたしましょう!
 
新次元メンタルサポートスペシャリストの 久宝 敬美でした。
 

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

関連コンテンツ

⇒この著者のコンテンツ一覧と自己開示

新次元メンタルサポートスペシャリスト

今からたった、一年前の事です。

あの頃私は、毎日が辛く苦しく
生きているのが苦痛でした。

借金は収入より多く、毎月返済で一ヶ月の給料は無くなり
家庭でも常に緊張して
会社でも周りを羨んでいるばかり
自由も無く
楽しみもなく
ストレスで思うようにならない身体をもてあまし

両親は次々と重病難病に倒れ、
家業は傾き実家は崩壊寸前。

何の希望も無く、夢を描くことすら出来ない毎日。
ただただ、生きているだけ、
そして何故生きているかもわからない

生きているのが辛い、疲れた
でも死にたくない、生きたい

生きるとは、心から満足して充実して渾身から喜びを得る事だ、、
安心して、自分の望む毎日を過ごすことだ。
余裕が欲しい、助けて欲しい。。。

相談する相手もいない。
相談するお金もない。

次々起きる不幸は、きっと人智の及ばぬ霊の世界が解決してくれると
霊能者、ヒーラー、スピリチュアルセラピスト、エネルギーワーカー、チャネラー・・・
これはと思う人のところに通い、教えを受け、力を借りんとし続けました。

湯水のように次々お金を注ぎ込み、元々少ない給料はすぐに消え
変らぬ現実と、変ったのは鰻登りの借金の金額。

そうして更なる悩みを抱え、もう身動きがとれずに
途方に暮れていました。

私はただただ、救われたかった。
不安と心配と緊張と絶望から、解放されたかったのです。

「もう、こんな毎日は嫌だ!!!」

そしてもう限界の限界、
最後の最後になったとき。

私は、最後のチャンスを手に入れたのです。
「もう駄目だ」
と覚悟を決めた時。
私の目の前に広がったのは、、、

「新次元サブリミナルアファメーション」の世界、そしてこの
「新フランチャイズシステム」だったのです。

【こんな、こんな素晴らしい仕組みの、素晴らしい商品があったなんて!!!!】

大地が割れるような衝撃でした。
モーゼが海を割ったように、私の前にも道が、開けたのです!!!!

そうです。
私が待って、待ち焦がれていた、まさにそれがこの「新次元」の世界でした。
そして、私を救う手段となるのがこの「新フランチャイズシステム・NFS」だったのです!

初めて知った時、あまりに素晴らしい内容に「そんな上手くいくはずがない。
私にはきっと出来ないものだろう、、他の人には出来ても私には無理なんだろう」
そう思ったくらいです。

まず、すぐには信じられない、本当に信じて良いのかわからなかった。
そのくらいインパクトのある衝撃だったのです。
それは不安になるほどの・・・
でも、その心配はすぐに解消されました。

なぜなら、その時。
生ける屍の様な状態だった私を、強力に惹き付けて止まない
とてつもなく強く、激しい魅力があったからです。
そんな無気力な、乏しい生命力の私でさえ食いつく、目の覚めるような魅力が。

その魅力の持つ光は、燦燦と照りつけ輝く太陽のように
私の心の影を、不安を、一瞬で消し去ったのです。

私は、その魅力に抗いきれず忘れきれずに諦められずに、
とうとう質問しました。

「私の状況でも、大丈夫でしょうか?
私でも、出来るのでしょうか?」

そこで私が得た答えは・・・・

「私だから出来る事、私にしか出来ない事がある」
「私しかもって居ない、力、才能がある」

それは人一人一人が必ず持っている、自分だけのオリジナル。

私にだけは無いと、しつこく思い続け
そして欲して焦がれて堪らなかった、
そのオリジナルな才能。

私は、ついに見つけたのです。

それからの私は、どんどんどんどん
変化して行ったのです。

水を得た魚のようにイキイキと生命力が蘇り
気持ちは冴え冴えと、雲をつきぬけ空を超え、宇宙に飛び出すくらいに高まり
砂漠の大地に浸み込む水のようにぐんぐんと知識を吸収し

無我夢中で、集中して、それが楽しくて堪らない、
気が付いたら、別人のようになっていました。

まさに、一度死んで生まれ変わったかのように。

あれほど呪った人生が、真っ暗に見えた毎日が
道端の草木や空気でさえ愛しく感じる。
視界が明るく、毎日が輝いて見える。
生きているだけで、楽しくて感動するようになったのです。

お金に対する不安や心配はいつの間にか無くなり
支配されることがなくなりました。
これからいくらでも稼げる、収入を得られることを知ったからです。
借金を一括で返済し、逆に投資できる状態。
そんな事が可能なのは、このNFSという魔法の仕組みだったからです。

物を買う時に値段で決めるのではなく、
本当に欲しいもの、気に入ったものを選べる自由を手に入れました。

親や実家も状態がどんどん良くなり、医者も驚く回復を見せ、
両親共に生きる喜びに満ち、人生を謳歌しています。
もう、私が心配することは何一つありません。

あれほど毎日が憂鬱で足取り重く通っていた会社も
なぜあれほど嫌だったのかわからないほど、今ではこれっぽっちも不満がありません。
むしろ毎日楽しく、充実して、ここで働けて良かった、と心から感謝するほどです。
周りの反応もすっかり変り、最高の環境です。

イライラしたりすぐ悪い方向へ考えてしまう心の癖も、
面白いように方向転換しました。
自分でコントロール出来る事を知ったからです。
そして、なぜそうなるのか?○○だからこうなのだ、という確たる理由も
心から腑に落ち納得しているからです。

地の果てまで落ちるくらいの重い感情にまみれていたのが
体調がみるみる改善していくほど体も心も軽く、やわらかくふわふわになっているのです。
羽が生えて飛んでいきそうになるほど!

そしてそれは、いまもずっと変化し続けているのです。

どうすべきか、どう進むべきか
最善最高の、最短の道を拓いてくれるのがこのシステムです。

はっきりと断言できます。

他にはありません。
あなたがもし、現状を本気で変えたいと思うなら。
無駄なく最短で間違いなくたどり着きたいのなら、
他に迷うことは一切ありません。

余計なお金を使うなら、
確実にあなたが有利になる道に投資するべきです。

私はそうしてきました。
そして、それは確かに私のものになったのです。

今私が言える事は・・

【人生は面白い。いつだって逆転できる。】

私のような人生を送ってきたあなたに
私は自信をもってお伝えします。

私が救われたこの方法で、きっとあなたも救われます。

あなたは、望むあなたになり
望む人生を生きられるのです。
今がどのような最悪の状態でも、諦めることを選択する必要はないのです。

あの日あの時、決断と行動を起こした結果
この幸運をついに手に入れることが出来た私を、
見ていてください。

きっと、あなたも真実が見えてくると思います。

そして、あなたも
どうぞ手に入れてください。

この世の地獄から、輝く未来へと繋がる扉を開く、その鍵を。。

勇気を持って、踏み出すその一歩は
必ず大きな流れを生むでしょう。

人類が初めて地球を脱して宇宙から地球を見たように
あなたも、今の世界を飛び越えて
新次元の世界を目にすることが出来るでしょう。