【NFS実践5前半】超速!ライティングテクニック!書くための根本的なテクニックとは?!

こんにちは!新次元メンタルサポートスペシャリストの 久宝 敬美です。

日は外出先のショッピングセンターのペットショップで
可愛い子犬と子猫ちゃんに会いました!
子犬はポメラニアンで、意外と大きくてちょっとびっくりしました。(成犬は小さいですよね)
子猫はロシアンブルーで、あの珍しい毛色がロシアンブルーと言うのか!
と今更ながら気づきました。。。

どちらにせよ、子犬も子猫も、連れて帰りたいくらい可愛いですよね。
すみません。つい大好きな犬猫の話で前置きが長くなりました。。

本日、久宝がお伝えするのはNFS(新フランチャイズシステム)の
「実践セッションその5」の
感想です。
今回は、文章を書く際の具体的な秘訣が満載ですよ!
どうぞ、楽しんで行ってくださいね!

回のNFSセッション実践5回目は、「超速ライティングテクニック」として、文章を書くための
根本的なテクニックが
伝授されました。
しかも、今回は
、その前編の解説ということで、あなたにお伝えしたいと思います。

NFSの、収入を得るためのこのセッションも気づけはもう9回目です。
このNFSの開発者であり、セッション動画の解説者でもある山田招憲さんも動画の中で言われておりましたが
「最初は30分くらいの動画が1時間近くなっている」、内容が盛りだくさんで
伝授される内容もどんどん濃く深く、どんどん具体的になってきているので、どうしても長くなってしまうのですね。
それでも貴重な私たちの時間を削らないようにと、濃縮してお伝えしようとしてくれる山田招憲さんの
私たちへの思いが伝わってきました。

様々なご事情の方が居られます。
それぞれの仕事や営みや義務をこなしながら、時間を割いて来てくれるのですから、
私も、この感想を読んで下さっているあなたの大切な時間を無駄に使わないように
ここに来た以上、必ず一つでもあなたのお役に立てる情報をご提供したい、という思いで、これからも
コンテンツを作成していきます。

そしてもし、あなたが、少しでも興味を持って、不明なところをもっと知りたい、あるいは聞きたいところがある、
ちょっと相談してみたいんだけど、、ということがあればいつでも、なんなりと、私 久宝まで、ご連絡くださいね。

それでは、早速始めてまいりましょう!

まず、最初に掲げられておりましたのは今回のセッションの目的です。

●稼ぐための引き出しとは
●断りきれないオファーについて
●引き付ける文章の超具体的な書き方

どうです?見出しだけでも興味が沸きませんか?
あなたが文章を書いているなら、「これは見逃せない!」ときっと思う内容です。


その前に、今回のタイトルにあるライティングテクニック」について
改めて考えてみると、あなたはなんだと思いますか?

読んで字の如く、「書くためのテクニック」ということになりますね。
コンテンツや記事といった文章を書くためのテクニック、それはただ上手ければ良いと言うだけではなく
凄腕ライターさんのキャッチコピーや文章など、鋭い一言やテンションが上がる言葉、ぐっと心に響く文章、インパクトのある記事、
あなたもこのように文字や言葉で、感動したり感激したり、感情が動いたことがあると思います。
このようなテクニックを使って、あなたや私の情動、感情を動かせるということ。
つまり、コンテンツ作成にもっとも必要なテクニックとは、

文章で相手を動かすスキル

のことだったのです。

パワーのある文章は、たとえ相手が何人いようと、離れていようと、時間が経っていようと
時空を超えて、国も超えて、人の心を打ち、動かす、行動させる力を持っているのです。

この力、スキルが高ければ・・・
会社のプレゼンでも、ブログでも、雑誌のコラムでも、、
あなたの記事が社長を動かすことも、大衆を動かすことも、自由自在に出来るかもしれません。
それどころか、もっと大きな、もっと壮大なことも・・・・

どうですか?考えただけでもワクワクしてきますよね!


それでは、この、「文章で相手を動かす」ライティングテクニックには、いったいどういうものがあるのでしょうか。

これは、3つに分けて解説されていました。

その3つの主な内容とは、、

1.前置きとしての、心構え【マインドセット】の部分
2.メンタル+具体的なテクニック
3.超具体的なテクニック

という、「具体的に」より実践的になってきていると感じる内容のタイトルでした。

最初の1つめは、どんなノウハウについてもこれがなければ、、、、、というほど
重要な根幹の部分である、マインド、精神面、

1.【マインドセット】の部分

の感想から、入って行きましょう!

「NFS(新フランチャイズシステム)」へはこちらをクリック!⇒>>NFSの世界へGO!!!<<

【マインドセット(心構え)】

出来る人は持っている!【引き出し】を知れば99%、あなたは結果を出せる人間になれる!

99%!そこまで自信を持って言い切れるには理由があります。
なぜそこまでの結果が出せるのか?それはこの後の解説を最後まで見れば、きっと理解できると思います。

良く「あなたって引き出しいっぱいもってるね」とか
「私の引き出しには、、」などと、会話に出る事もある「引き出し」という言葉があります。

私も前の派遣先で、業務外の事で急に「あなた、こういう引き出しって持ってない?」と言われて驚いたことがありました。
でも改めて引き出しってなんて意味?かと問われると、、、、でした。

ここでしっかりと、知る事が出来ましたからこれからは自信を持って説明できます。
あなたも是非興味を持って、覚えて行ってくださいね!

その前に、実は、この「引き出し」に関係するもう一つ重要なモノがあります。
それは、「違い」です。

■「違い」を知る事で、あなたは選択の自由を得られる。そして「変化」を知れば結果を手に入れる!

この世には、様々な「違い」があります。
例えば、
結果を出す人がいれば 結果を出せないひともいる
この、「結果を出す」と「結果を出せない」人には違いが存在します。
この二つの間の違いとは、比べてみた時の差であり、どう違うかは、「変化」ともいえます。

「結果を出す人」と「出せない人」の違い
「プロ」と「アマチュア」の違い
「お金持ち」と「貧乏人」の違い
「凄腕の持ち主」と「そうでない人」の違い
「英語をぺらぺらと話せる人」と「話せない人」の違い・・・

このように様々な「違い」がありますが、
実は、このすべてに共通する違いがあったのです。

全てに共通する「違い」があるなんて、まるで法則です。

この違いが何かわかれば、、、、どうなると思いますか?

どうかわったか、という違いがわかれば、その変化がわかります。
そして、変化がわかるなら、「変化する前か後か」どちらでも
好きなほうを選択できる、手に入れることが出来ると言うことなのです。

「出来る人」を選ぶのか、「出来ない人」を選ぶのか、
「お金持ち」になりたいのか「お金に困っている人」になりたいのか、
どちらを選ぶのも自由に出来るようになり、
そして、選んだ方になっていくのです。

それは是非、知りたい!そう思いませんか??
知りたいですよね?
私もそう思いました。

それでは、お教えします・・・

その、共通する違いとは、、、

それは、引き出しの量」が多いかどうか、の違いなのです。

■引き出しの量とは?

それでは、引き出しの数、量が多いとは、何なのでしょう?
なんとなくわかるような、はっきりとはわからないような・・・
私もそんな感じでしたが、
この例がとてもわかりやすかったので、あなたにもお伝えします。

それは、「お笑い芸人さんのネタ帳」です。

皆を抱腹絶倒させるお笑い芸人さん、私も大好きで良く見ますが、本当にネタを作られる方は凄いなと尊敬してしまいます。
彼らは「ネタ帳」と言われるものに、日々、一つ一つ宝を蓄積するように書きため、
体験や経験を元に、ネタ帳が増えていくのですが、それがここでいう「引き出しの量、数」ということになります。
きっと彼らは、ささいなことでもお笑いのネタに変えるべく、センサーを働かせてキャッチしているのだと思います。
その繰り返し、継続と積み重ねが、あれだけの面白いネタを生むのでしょう!

同じように、
お金持ちは、お金を稼ぐノウハウや人脈や、経験で得られた智慧を、
凄腕の持ち主は取得したテクニックを、
英語ぺらぺらな人は会得した英単語を、
圧倒的な量の「引き出し」を持っているということになります。
長年の経験で会得したテクニックの数も、引き出しの数と言えます。

これにはとても納得しました!

「出来る人」と「出来ない人」の違いとは、

今までの人生で経験してきたテクニックの数、知っている知識・英単語の数、経験の数
=引き出しの量、が圧倒的に違う
ということであり、

引き出しの量とは、今まであなたが生きてきた人生で経験してきた分の、
実践と学習と気づき」で得られた蓄積の事だったのです。

このようなことは、一度や二度はあなたもすでに実際に経験してこられたかもしれません。
私の経験で言えば、「出来る人」と言われる人は、何を聞いても応えられるような知識と経験が段違いでした。
臨機応変に対処でき、てきぱきとこなしていく様はまさに「出来る人」。

でも、その人も最初からできていたわけではありません。

私の知る「出来る人」は、入社後15年間、同じ業務に携わり、トラブルに見舞われては解決し、そのたびに知識と経験と
ノウハウを得、その道のエキスパートとして、社内で「その事ならアノ人に聞けばわかる!」と言われるまでになったのです。

ということで、出来る人になるためには、
「引き出しの量」を圧倒的に増やしていけばよい」のだということがわかりました。

では、その量、圧倒的な数と言うのはいったいどのくらいを言うのでしょうか?
数十個?数百個?このくらいあれば相当・・・と、思いがちですよね。
そしてそこまでやっても、あんまり思うような効果がでなかったり
結果が出ない、、と諦めたくなる気持ちになってくる。。
実はそこに、「出来ない」と決め付ける、壁があったんです。

 

■引き出しの量を圧倒的に増やしていくために、大切な事

殆どの人は、引き出しの量が数十個~数百個で「出来ない」「結果が出ない」と決め付けてしまうそうなのです。
そして、そこで結果を出す事を諦めて、また別のものを探し始める・・・

せっかく、ゼロから数十個、数百個まで引き出しの数を増やしたのに、またゼロに・・・・

そしてまた数十個から数百個溜まると壁に当たって、また「結果が出ない」と決め付けてゼロになり・・・
という無限ループの繰り返しにはまってしまうのです。

これは私にも、思い当たる、心当たりがあります。
あの時も、またあの時も・・・
一生懸命、ゼロから始めて毎日毎日、繰り返し、お金と時間をかけてやって
時には本業よりも優先して頑張って、
こんなに頑張ったんだから、これだけやってきたんだから。
でも出来ないんだから、きっと向いてないのだ。と、諦めてしまったことが、、

自分では一生懸命努力して、頑張ってきたのに、なかなか思うように簡単には行かない。
身に付かない、出来ない。そうなると・・・
恐らくココが、「引き出しの数」数十~数百個の壁、だったのでしょう。

もし、その時私の周りに、「数千個~数万個」の引き出しを持つ人がいたら
「なんだ、まだまだ自分はこんなものか」「もっと引き出しを増やさないと」と逆に
もっと努力していたかもしれません。

確かに、「努力が足りない」というのは、「気合が足りない」「本気度が足りない」と同様に
よく言われる言葉だと思いますが、たいがいは始めてやる事なので
比較する基準は、自分自身のスタート地点、
ゼロ地点が基準になりますから

「こんなに頑張ってるのに、なんでできないのだろう」
「こんなにやったのに、できないなんておかしい」

と、諦め、「出来ない」と決め付ける壁に当たってしまったんです。

せっかく、何も知らない「0」の状態から、時間と労力をかけて
数十個~数百個という数のテクニックや知識を得た経験を持ちながら、蓄積し始めた数百の引き出しを捨てて
また新たな事を「0」から始めてしまう。。

これでは引き出しの量がいつまでたっても貯まりません。

この繰り返しでは、いつまでたっても変らない。
無限ループ、無限連鎖のパターンから、抜け出せない。

「出来る人」「可能にした人」というのは、
この「数十~数百個」ではなく、「数千~数万」いえ、それ以上のテクニックや
経験の蓄積があったからこそ、「出来る」ようになったのです。

ということは、出来るようになるには、凄腕になるには、一流になるには、
プロになるには・・・

今までの何倍ものたゆまぬ努力と経験を、継続していくしかありません。
まだ出来ていない、結果が出ていないということは、まだまだ、甘い!!ということだと、気づきました。

お笑い芸人さんや、職人さんは
芸歴や○歴10年程度ではまだまだヒヨッコ、新人、見習いと言われるほどですから、
それだけ「芸の道は厳しい」のだと思います。

武術家の方々も、その道で達人、名人と言われる方は何十年も修行を詰まれる事で

その技を身に付けられるのですよね。

職人さんも、長年の経験があってこそ、機械では出せないような繊細で味わいのある

ため息の出るような作品を仕上げる技を身に着ける。

英語が出来るかどうかも、英単語100個覚えたくらいではまだまだ、
スムーズに会話するのは簡単ではないと言います。
それこそ何十万個の単語を、辞書一冊丸ごと暗記するくらいしなければ、、、
自由に言葉を操ることは簡単ではない、といえるかもしれません。

そう思えば、短い期間で何とかしようなどとは、、、
まだまだ、引き出しの数が充分ではない、そういうことなのです。
 

芸の世界は、芸人さんは、20年30年でやっと下積みを終え、花開いて

今までの、頑張った分の人生をすべて取り戻すほどの活躍をされる方も少なくない。

これは、引き出しの量がいかに大切かということわかる、本当にわかりやすい例だと思います。


今回のセッションでは、過去私が何度もジプシーを繰り返した事の意味が、

結果が中々出せない、簡単ではない、向いていないからと途中で止めて来た事が
こういう理由だったのか、、と知る事ができました。

そして、壁を越えるには、途中で投げ出さず、一生継続する気持ちで取り組むこと。
ひとつの事に集中して、継続して、知識とテクニックと経験を蓄積していくこと。

継続は力、思い続ける限り、諦めない限り、可能性はあり続けるんだ、ということだと思います。

 

【質問(クエスチョン)】

問とは、とても重要なものだそうです。
それだけ、質問の力には秘密があるのではないかと思います。
自分への問いかけ、自分へ質問するということも、とても大切だということです。
それはの仕組みからも、在意識から言っても、重要なのだと思います。

ここで出された質問がありますので、あなたも一緒に考えてみて下さいね。

「あなたはなぜ、日本語が話せて、相手の話す内容を理解できているのですか?」

私たちは生まれてからずっと、何年何十年と日本語に触れ生活してきていますから
普通に当たり前に日本語を理解し話していますよね。自由自在に。

でも、日本語は実は、漢字・ひらがな・カタカナもあり、非常に難解な複雑な
世界三大難語といわれるほど習得するのが難しい、外国人泣かせの言語です。

でも、あなたも私も、この日本語を理解し、読み書きもでき、話せています。
すでに日本語を話せる、理解できると言う結果を手に入れているので、当たり前すぎて、
今更何故かと聞かれてもわからない、かもしれません。そうです。
あなたは今まで生きてきた人生で、それこそ何十万個も日本語と言う「引き出し」を持っているから、
自由自在に話せ、理解できるのです。
これが、あなたが今まで生きてきた年月、「日本語の引き出し」を蓄積してきた結果、ということだからです。

「NFS(新フランチャイズシステム)」へはこちらをクリック!⇒⇒NFSの世界へGO!!!

■コミュニケートスキルの引き出しとは

ライティングスキルとは、言い換えればコミュニケーションスキル

ミュニケーションとは、周りの方や家族や社会生活において、生活する上でも生きていく上でも、仕事をしていく上でも
集団生活をしていく上で、非常に重要な役割を持っていいると思います。

そして、そのコミュニケートする手段、要望や意思を伝えるための道具として発達してきた「言葉」、
記す、記録する文字、という手段でもあるコミュニケーションの方法や使い方を知っているから、
スムーズに会話、意思の疎通が出来ていますよね。
今までの人生で、何万後も何百万語も書き、話し、文章や言葉を考えて使ってきた蓄積がありますから
言葉の並び替えや数百数万もの組み合わせ、パターンを駆使して、日本語を話し、相手の要求も理解できるということになります。
これは、ライティンクも同じだということでした。
つまり、
ライティングテクニックの引き出しの数=コミュニケートスキルの引き出しの数

そして、引き出しとは、
「実践・学習・気づきの3つの蓄積」に、他ならないのです。


■言葉次第で変る、相手や自分の「反応」を知る!

ここで、実践セッションとして、二つ紹介されてたことがあります。
実践すること、といっても一つは「想像」で大丈夫です。
ではまず、「相手の反応を予想する」想像上の実践ですが、あなたも是非、やってみて下さい!

あなたは、今から一番最初に会う人に、ある二つの言葉を投げかけます。
その時の相手の反応を想像してみる、その相手の行動・反応を予想するというものです。

・まず今からあなたが会う人は?
想像してみましょう。ご家族?友人?会社の方でしょうか?

・お会いしたらまず挨拶を交わすかと思いますが、その後、この言葉を言ってみましょう。
「いつもありがとう!本当におかげで助かってるよ。あなたが居てくれて本当に良かった!」
「あなたのことはいつもすごいと思うんだ。さすがだよね。本当に尊敬しちゃうよ」
「あなたって最高!!本当に素晴らしい!」

こう言われた、相手の方の反応を想像してみてください。
相手はなんと、言いましたか?どんな顔をしていますか?

「やだ!何いってんのよ~!ちょっと、どうしたの?」
「えー、ほんと?嬉しい!」
「ううん、お互い様でしょう!私こそ・・・」

相手の方によって、様々な反応が返って来るかと思います。
こんなことを言われて、照れはあっても怒り出す人はいないでしょう。
どちらにせよ、こんなことを言われたら悪い気にはならないと思います。
私もアノ人だったらこうかな、この人はこういうだろうな・・・と想像して笑ってしまったり
楽しくなりました。
それに、自分が褒められたとしたら、褒めてくれた相手に対して好感を持ちますよね?
例えばいつもトイレで会うだけの人が急に「いつも素敵ですね!」と声をかけてくれたら
一気に「この人、いい人だな」と好ましく思えたり、、、印象に残りますよね。

他にも、大切な人や好きな人に、プレゼントやお土産を買うときもこんな想像や予想をして
「うん、アノ人ならこれ喜んでくれそう!」と思って決めたり、結構こういう想像をすることはよくあります。

では今度は・・・
一旦リセットしてもう一度想像してみましょう。今度はの言葉です。

「この、バカヤロウ!!!!お前のお陰でこっちは散々なんだよ!責任取れよ!」

・・・どうでしょうか?
普通は怒るか、びっくりされるか、、
これは相手の方次第ではとんでもない修羅場になるかもしれないかもしれませんが・・
逆に自分がもしこのような言葉を言われたとしたらどう思いますか?

私だったらすぐに全身硬直して緊張して、まるで全身が心臓になったように感じるほどドキドキバクバク、
冷や汗ダラダタになるかもしれません。
想像しただけで胃が縮まる思いをする人もいるかもしれません。

こうしてみると言葉の力は、良い方も悪い方も、どちらにも使えて影響を与える強い力があるのがわかります。
人に与える反応も、自分の受ける反応も、言葉次第でくるくると変ります。

このように、様々な場面での、様々な人の言葉による反応を、行動を想像してみることは
相手の反応を予測し、検証をしながら引き出しを増やしていく=検証結果を蓄積ことで結果に繋がるということになります。

「こうすればこうなる」、「こういえばこういう反応をする。行動する」という分析結果は、今から日常的に
取れるデータです。
 周りに人がいれば、家族でも友人でも、上司や同僚や、お店の人でもいいですよね。

自分自身の反応も分析すると冷静にもなれるし、私もとても助かったので
あなたにも是非、やってみることをお勧めします。

あなたは誰かの言葉にショックを受けたり、必要以上に恐れを抱いたり、悲しみや苦しみを
感じたことがありませんか?

天国のように舞い上がるように嬉しい言葉と、地獄に叩きつけられるような冷たい言葉。
メールやメッセージや文面からでは感情が伝わらず、勝手に反応してしまうこともあると思います。
そんな時に、ぜひ自分の反応に気付いて、分析してみて下さい。

「私はどうしてこういう反応をしているのだろう?」
「どうして、こう思う(感じるのだろう)か?」
と、自分自身の反応を良く分析してみる。

自分は何故、今、怒っているのか、悲しいのか、苦しいのか、辛いのか、怖いのか?
どういう言葉を言われて、どういうときにそう思ったのか、感じたのか。
何が原因で、何の反応でそう思うのか?

もしあなたが、日々生活していく上で、悩んだり心配したりして、苦しくなる時、いつまでもその思いを引きずっているとしたら
私も経験があるのではお気持ちはわかりますが
これは決して肯定的、建設的とは言えませんし、精神的にも肉体的にもよろしくないと思います。
でも、その気持ちを分析して、相手の反応も自分の反応も分析してデータ化して活用するのなら
これはとても建設的な、そして肯定的な行為となります。

言ってしまった事や、やってしまった事はなかったことに出来ないものですが、
データを分析して結果を検証し、同じ事を繰り返さないことはできます。
より良いコミュニケーションのために活かしていけるのですし、そして挑戦と検証していくのであれば、
過去の失敗も、黄金体験として蓄積していけるということはこれまでのセッションでも学んできた事です。

その分析も、自分を知るデータとしても、コミュニケートスキルの引き出しに入れるデータとしても
蓄積していくことで、あなた自身のために、なるのです。

そうですよね?

私も、この事を知ったこれからは、毎日を実験の場にしていきたいと思います。
あなたも、楽しみながら実践と検証をを重ねて、蓄積し、「引き出し」の数を増やしていきましょう!

 

■効果が高い実践練習!「自分宛に手紙を出す」事の意味
その時あなたは・・・

実践練習二つ目は、想像ではなく実践、理屈ではなく実践リハーサル
実際に行動する方法でした。
リハーサルとして自分自身に対して実験するというような、実践練習です。

ライティンクスキルの本場アメリカで実際にセミナーでやらせている有名な、効果がとても高いリハーサル方法
(実際に効果結果が出ている方法)で、これを山田招憲さんがさらに改良されたというものです。
気になりますよね?

それは、「自分に宛てて手紙を書く」そして実際に手紙を出すという方法です。

もちろん封筒に切手を貼り、自宅の住所を書いて、自分に宛てて書いてポストに投函するということです。
これは、一通だけではなく三通りの文章を作る必要があります。

まず、最初の二つの文章は、一つずつ書いて時間差で送ります。
この時間差で届く二つの手紙を読みどう感じたかを三つ目に書き留めます。

ではどのような文章を書くのでしょうか?

それは、前述の「想像するだけ」の実践セッションでも使ったように
真逆の極端な文章です。
一つ目は、自分を最高最大限に褒め湛える、そして感謝の言葉をこれでもかと綴ります。
二つ目はその真逆で、自分に対しての最悪の罵詈雑言。
そして三つ目は、その二つを読んでどういう気持ちになったのか、を書き留めておきます。

最初の二つの文章は、徹底的に、渾身を込めて強烈なアプローチを書けば書くほど
高い効果が期待できると言うものでした。
実際に書く際は、さらに対象が明確になるので自分の名前を書きましょう。
これは、断定して呼びかけられることで、より深く強く、心に刺さると思います。

このような実践練習は、実はとても重要な意味があります。

だからこそ、今後も提案されることがあるということでした。
何故かと言うと、ただセッションを聴いているだけでは音楽を聴いているようなものになり、
なかなかスキルが上がらないということにもなりかねません。

だったらやってみる。しかも、実際に効果が出ている方法です。
それを、さらに改良して作った方法なのです。効果がでないわけはない。
そう思いませんか?

言わなければ人間は中々行動しないということもまた、勉強ですね。

実際に行動してみるということで何かを得られる、何か分かることもある、と私は思います。
案ずるより生むが易しもそうですね。
これまでのセッションでも、実際に書く、と言う方法がありました。
(※NFS実践4より、「結果を出したければ結果を見せる」)
書くということは、体と脳の関係から言っても効果が期待できる行為なのです。

今回の実践練習をするにあたって、その際の注意事項もありました。
「言い訳は自分にだけ。後は一切しない」
この方法を「やらない」事への言い訳は、する必要はない。
自分自身にだけすればよい。ということです。

私の親しい人はよくこのように言っています。

「結果が全て。言い訳なんかどうでもいい。やったかやらないかの結果を見るだけだ」

言い訳は自分への同情にも繋がります。
○○だから、やれない。
それは色々な事情があるでしょう。
それでも、本人以外からしたら、それは関係ないことです。
どんな事情や理由があろうとも、相手には関係のないことだから。

でももし、その事情のなかでやれたとしたら、
そのなかでやれたとしたら、
あなたにとって大きな成長になると思いませんか?

こんな状況でもやれた、という自信もつくでしょう。
どんな状況でもやれる、とアドバイスも出来るようになるでしょう。
そして、それこそが経験、知恵、工夫の蓄積になるのです。

これもまた、引き出しのひとつとなりますよね。

この引き出しの一つ一つが、あなたのためになるようにするには、
同じようにご事情があり、時間のない中で、このコンテンツを読んでくれるあなたが
この私の感想を読み、行動を起こそうとしてくれる、実際に起こしてくれてこそ
私の引き出しは、あなたのためになれたということになる、私はそう思います。

 

 

■NFSを続ける上での約束事

これは、NFSを始める際、お申し込み時に確認されることでもありますが
ここでも改めて、

●作業時間は一日三時間以上
●NFSに一点集中

この2点について、改めて「約束」事として確認となりました。
もし万が一、「一点集中」がぶれてしまったら、もう一度再確認してみることが必要でしょう。
確認することで気づく事になりますし、気付いたら戻せます。

この約束事をする以上は、ということで山田招憲さんからは、「信念と誓い」が添えられていました。
そして今後は、この約束を守った人にのみ、全力でサポートをしていただけるのです。

それは、「頑張っている人は結果を出すべき!絶対出さないといけない、出させる!」
という渾身の思いをこめた決意、「使命感」からの言葉であると思います。

一点集中がぶれる人への、注意と言う意味もあるかもしれませんし、早く結果を出してもらいたいという
お気持ちの表れだとも思います。

私たち加盟店のやることは、「一点集中」して、努力し続けると言うだけです。

1日3時間以上、これを楽勝と思うか、簡単ではないと思うか、それはご事情もあるでしょうし
個人差があると思います。

私も簡単とは言えませんが、それでもやってこれました。
もしあなたが、「1日3時間以上は、、パソコンの前に居る事は簡単ではない」とお思いなら、
このような角度から捉えてみて下さい。

あなたは仕事をお持ちですか?
家事をされていますか?
育児や介護をされていますか?
なんらかのご事情で、パソコン作業をする時間が限られていたりしますか?

まず、趣味や遊びやテレビや読書などの時間は置き換えられますので問題ないですが
必要最低限の役割をこなしていかれるご事情があるなら、元々趣味や遊びの時間も
もたれていないからこそ、NFSに興味をもたれたのかもしれないと思います。

バイトをしたくても外で出来ない、本業があるけど経済的に余裕がないからなんとかしたい、
今は事情で辞められない等、様々な状況の方が居られるでしょう。

もしあなたがそのような状況であるなら、
極力パソコンに向かう時間を作ることは前提ですが、それ以外でもやる気があれば可能だと言うことを
覚えて置いて下さい。
パソコンに3時間向かっていても、実作業が2時間しかないのなら、他で作業しても同じですよね?
会社の通勤の時間を使ったり、ちょっとした会社の開き時間、育児や介護や家事の合間を
やりくりできるということです。

買い物の時や通勤電車で動画を見たり、見れなかったら声だけ聞いて、メモができるなら聞きながら見ながらメモを取る
(実際のメモでも、スマホアプリのメモでも)
それを例えばトイレの時にも繰り返す、家事をしながら動画を流す、車通勤なら動画を流しながら、音声メモを取ることも
できます。

日中そうやってかき集めたものを、一気にパソコンが使える時間になったら書き写したり、
自分のコンテンツをスマホで確認して、気付いたところをメモしておいて後でパソコンで追加修正したり
スマホとパソコン、メモ、音声メモや録音機能など、使おうと思えば何でも使えます。

生活していく上で、どこをどう工夫してやりくりしたら、作業できるか。
NFSのために時間を使えるか、その視点で思考していくと、自分ルールが出来てきたりして
道が開けてくると思います。
諦めなければ、工夫し続けていれば、、
そのように思います。

私はNFSを始めて、空き時間はもちろん何かやりながらでも作業ができる事を発見してきました。
もちろんそれは、開発者の山田招憲さんのアドバイスとご提案と、サポートがあってこその、結果ですが
細切れでも、コンテンツ作成の、その集中の時間は作れることをここに実践者としてお伝えします。

もちろんまだまだ、充分ではありませんから、もっともっと工夫を重ねて参ります。

私が思う大切な事は、あなたの役割で、やらなければならない事はやった上で、それ以外の時間はNFSに一点集中。
いかに集中して、濃い時間を作るか。そして結果を出すかという事になるかと思います。

あなたがご事情のある中でも、それでもNFSに挑戦したいのであれば、是非私、久宝にご相談ください。
そして、一緒に、時間の作り方を編み出していきましょう!

あなたは、一人ではないのですから。

 

「NFS(新フランチャイズシステム)」へはこちらをクリック!⇒⇒NFSの世界へGO!!!

■目的意識の再確認

何のためにやるのか?

の目的とは、「成長」なのだそうです。

成長する事は、喜びに繋がる。
退化するより進化したい=成長、という目的が、人間の共通意識には深く存在しているのでしょうか。
いいえ、人間に限らず、生きとし生けるもの、全ての生物の目的は、「成長」することなのだそうです。
より上を目指す、より良いものへ、より先へと成長を望むのは、そこに喜びがあるから。
生物が、イキイキと生命に満ち溢れているのも、成長したいという深い思いと、その喜びゆえなのかもしれません。
そして、その喜びがあるから、喜びを味わいたいから、もっと成長、進化したいと望む。
それは遺伝子に、DNAに、脳に組み込まれているようにも思います。

NFSの産みの親、山田招憲さんはこう言われました。

日々生きていく中で、この成長するという目的、成長すると言う喜びを持ってほしい」と。

成長、とは何でしょうか?
NFSで言えば、この感想コンテンツです。

最初の方の感想コンテンツは今から比較すると、、、、、
そうですね、確かに今は成長した、変化したと思います。

始めたころは、とにかく書く事、表現することが楽しくて、どうやってそれを伝えよう、表現しようかと
いう気持ちが強かったと思います。
次第に、自分の気持ちを伝える事から、「あなたのためになっているか?」「あなたに楽しんでもらえるには
あなたが助かるには、少しでも役に立つものは、、、」と変ってきました。

あなたの役に立つことができて、あなたのためになる記事を提供できて、読んでくれたあなたが笑ってくれる
それを考えると嬉しくなってきます。

その思いがあるから、「よし、頑張ろう!」と、たとえ何が起きても 頑張っていけるのだということでもあるのです。

何のために書いているのか、NFSをやっているのかと言われれば
それは確かに収益を上げる事が目的です。
もちろんそのために始めたのですから。
でも、それは同時にあなたの役に立つ事で、収益を出せるなら、それがなによりも一番嬉しいことであると思います。
その思いにささえられて、ここまできたのです。

成長の確認と喜び、もっと成長したいという目的を持ち、昨日よりも少しでも成長している自分自信を確認した時
とても嬉しくなる、ということを、今回しっかりと感じました。

 

コンテンツ作成の目的

それでは、このNFSでの、コンテンツ作成の目的とは、何でしょうか?
もう一度、この何でNFSをやるのか?という目的、コンテンツを作成している目的を、ここでしっかりと確認しました。
私がNFSでコンテンツを書く目的は。。。それは、収益をあげるということです。

しかも、一度だけではなく、継続した収入を、得ること

そうです。そうでなければ、ただ単に趣味で書いているだけ、となります。
目的のためになることでなければ、「意味がない」ということになります。
そのような「意味がない事をやりつづける」ことを避けるためにも、この目的の再確認ということは
非常に重要なことなのです。
今、私は再確認しました。これでもう、大丈夫!

では、この収益を上げるにはどうすればよいのかと言うと、
それは濃いアクセスを流すということになります。

濃いアクセスとは、教育をするということ。

教育とは、まだ知らない人に教え、育むと言う事なのですが、一体何を教育するのかというと。。

「ここにあなたの知りたい事があるかもしれませんよ!」
「あなたの求めている答えが、ここなら手に入るかもしれません。あなたの望みが叶うかも・・!」

という情報を、目的が達成されるかもしれない、チャンスがあるかもしれない、、、、という場所を教えてあげるということなのです。
そして、場所を教えてあげた後は、実際にそれを購入するかしないか決めるのは、本人の自由(選択の自由)。

抽象的に言うと「教育」ですが、もっと具体的にわかりやすく言うならば、「クリックしてもらうため」ということになります。
これだととてもわかりやすいですね!

収益を上げるという目的のためには、あくまでもクリックしてもらう事が目的であり、
書く事が目的ではない
という事を もう一度再確認しました。

そうなのです。いくら頑張ってより良いコンテンツを作成したとしても、
それをクリックしてもらえない事には、「収入を得る」という目的のためには意味がない事になります。
書いただけで満足してしまっては、何のために書いたのかわからないでしょう。

ということでまとめると、コンテンツ作成の目的とは、クリックしてもらう事。

確かにクリックしてもらわない限りは、場所に辿り着けない。
そしてクリックしてもらうには、理由が必要だというのは自分に置き換えてもわかりますよね。

あなたは何故、クリックしようという気持ちになったのでしょうか?
気持ちが動いたからですよね?

コンテンツに来てくれて読んでくれても、言いたいことが伝わらない、響かないような内容であれば
せっかく来てくれたのにそのままクリックせずに帰ってしまいます(離脱される)ので。
それを避けるために、読んでもらい、クリックしてもらうために、このライティングテクニックを学ぶ、ということなのです。

それでは、読ませるために必要なポイントとは何でしょうか?

 

■ターゲットとは?
ターゲットを絞り込む理由

「読ませるために必要なポイント」とは、ターゲットの絞込みです。
ターゲットとは、あなたが救いたい人。読んでもらいたい人です。
そのターゲットにすべき人物は・・・これまでも伝授されてきたことですが、

「過去の悩んでいる自分」「過去の困っている自分と同じ悩みを持つ人」

これは自分が経験していることですから、一番その気持ちがわかり伝えやすいですよね。
そしてもちろん、自分と同じような悩みを持ちその悩みを解消したいと思っているのですから
あなたも、なんとかして解決してさしあげたくなるでしょう。
過去の自分なのですから。
そしてその気持ちが相手に伝わらなければ、自分のことだと思われないかもしれません。

つまり、ターゲットを絞り込む理由があるのは、「あなたに話している」ということに、気付いてもらう必要があるからです。
ということは、呼びかけるのもたった一人、「皆に」「皆さんに」ではなく、
「あなただけ」「あなたに話している」ということに、気付いてもらうためなのです。

間は、他人事では動かないのだそうです。
他人事、という言葉があるように、所詮は他人事。
だからこそ、自分の事だと気付いてもらわなければ、こちらを向いて読んでもらえないのです。
ニュースで悲惨な出来事が流れても、共感したとしても所詮はやはり他人事、それよりも自分の身の上に起こる事に
フォーカスが移ってしまいます。
だからこそ、他人事ではない、と気付いてもらわないといけないわけです。

今回の例として、とても興味深い話が上げられていました。
これはとても面白いですよ。

一つ目は、「パーティーカクテル効果」という専門用語の例です。

例えば、渋谷の交差点のような、または東京駅の混雑したようなワイワイガヤガヤとした雑踏の中、集団の中では、
色々な会話や話が行きかっていますよね。あなたもすぐ想像がつくと思います。
非常に煩い、喧騒、音の大洪水、、、とも言われるほどですが、それを全部聞き取ろうとすると
脳は大変な負荷がかかって大変なことになる、それこそ「パンク!」してしまいます。
これも想像つきますよね。
そんなことにならないように、人間の脳はあえて聞き逃すような仕組みになっているそうなのですが、
その集団の雑踏の中で、唯一聞き取れる言葉が「自分の名前」なのだそうです。

それは最も身近な、馴染みのあるフルネームだから、「自分が呼ばれた」と気付いて、
思わずハッと気付く、振り返る可能性が高いというのです。

人間はどんな混雑してがやがやした状況でも「自分の名前を呼ばれると気付く」という習性がある、これはすごい事ですよね。
でも確かに、ふっと自分の名前を呼ばれたような気がして振り返ったり、、、私も経験があります。

もう一つの例は、これは覚えておくと、役に立つことだとおもいます。

もしあなたが、街中で急に襲われたり、体調が悪くなったり、何かとても緊急性の高い状況になったとします。
思い切って大きな声で「誰か!助けて!誰か来て!」と、叫ぶと思います。
助けて欲しいですからね。
でも、、、これだと、人は自分の事だと思わない、気付いたとしても「自分じゃないかも」「誰かの事かも、、」と
それこそ他人事のように、立ち止まらず助けに来てくれないと言うのです。

これは困りますよね!一分一秒争うような、とても困った状況なのに・・・・・

そんな時、自分だと気付いて助けに来てもらう、動かす事ができる方法があるのです!
ぜひ、覚えておきましょう!私もしっかり覚えましたよ!

いいですか?よく聞いてくださいね。

「そこの黄色い服の、ショートカットの女の人、助けて!」
「そこの青い鞄を持ったスーツのお兄さん、助けて下さい!」

と、具体的に服装や髪型や、特徴を名指しで言えば、「あれ?黄色い服って私のこと?」「青い鞄て俺か?」
と自分のことかも、と気付いて、助けに来てくれる可能性が格段に高くなるのだそうです。

特徴を言えば気付いて、動いてもらえる=助けてもらえる、ということなのですね!

このような例から、「絞り込むほど、自分の事として気付いてもらえるようになる」という理由で
ターゲットを絞り込むのが必要だとわかりました。

ここまでもとても役に立つ、重要な伝授だったと思いますが、後半ではさらに
「書く前の重要な事」として、せっかく伝授されたライティングテクニックが無駄にならないように
ライティング以前の問題の、解説がされるということです。

それはいったいどのような内容なのでしょうか?・・・

「気付いてもらえなければ、読んですらもらえない」

それでは「目的」は達成されない・・・という重要な話

これは自分へのアプローチだ、と気づいてもらえなければ、クリックもタップもしてもらえないですよね。

ではこれから、「クリックしてもらう」「タップしてもらう」ためには、どうしたらよいでしょうか?
もっと読んでもらえるために、そしてクリックしてもらうために。。。
「相手に意思を持って行動してもらうためには?」
これがわかれば、鬼に金棒!ですね。
それは・・

「動く時には緊急性の演出が絶対に必要」
※例えば、急に外でトイレに行きたくなった!もう我慢できない、、、一刻も早くトイレを探さなければならない。。。
と言うようなときは「緊急性が必要になるので急いで行動する」というような事

それはいったいどのようなものなのでしょうか!
今からワクワクしていますが、続きはまた、後半の感想で。。。。。
次回も、ワクワク楽しみながら書いていきますね! 

もっとNFSを知りたいあなたはここをクリック!⇒ ⇒NFSの世界へGO!!!

いかがでしたか?
今回も非常に興味深い、濃い内容でした。
あなたにとって、何か一つでもお役に立てるようなものがあれば
さらに嬉しいです!

も毎回セッションを何度も何度も繰り返し聞いていますが、
一度や二度聞いたくらいではなかなか理解できないほど、とても深くて濃い内容です。
そしてまた、聞けば聞くほど新しい発見がある、、、気づきもあります。
それを少しでもあなたに伝えられたのなら言う事ありません。

何かご不明な点や、聞いてみたいことなどがあればいつでも、
私・久宝まで、ヘルプデスクよりご連絡ください。

どんなことでも結構です。実践者としての回答を差し上げます。
 
それでは、今回も最後までお読みいただき、深く感謝を捧げます。
また、次の感想でお会いいたしましょう!
 
新次元メンタルサポートスペシャリストの 久宝 敬美でした。

※当サイト内におけるコンテンツの内容は、あくまでも個人の感想であり、個人の見解に基づいたものです。
詳しくは感想リテラシーをご参照くださいませ。
※伏せ字がある際には、対象の権限をお持ちの方のみ観覧可能です。
対象の方はログイン後表示することで伏せ字無しの全コンテンツを観覧できます。
提供:株式会社ライフネット Copyright Lifenet Ltd™全著作権所有

⇒この著者のコンテンツ一覧と自己開示

新次元メンタルサポートスペシャリスト

今からたった、一年前の事です。

あの頃私は、毎日が辛く苦しく
生きているのが苦痛でした。

借金は収入より多く、毎月返済で一ヶ月の給料は無くなり
家庭でも常に緊張して
会社でも周りを羨んでいるばかり
自由も無く
楽しみもなく
ストレスで思うようにならない身体をもてあまし

両親は次々と重病難病に倒れ、
家業は傾き実家は崩壊寸前。

何の希望も無く、夢を描くことすら出来ない毎日。
ただただ、生きているだけ、
そして何故生きているかもわからない

生きているのが辛い、疲れた
でも死にたくない、生きたい

生きるとは、心から満足して充実して渾身から喜びを得る事だ、、
安心して、自分の望む毎日を過ごすことだ。
余裕が欲しい、助けて欲しい。。。

相談する相手もいない。
相談するお金もない。

次々起きる不幸は、きっと人智の及ばぬ霊の世界が解決してくれると
霊能者、ヒーラー、スピリチュアルセラピスト、エネルギーワーカー、チャネラー・・・
これはと思う人のところに通い、教えを受け、力を借りんとし続けました。

湯水のように次々お金を注ぎ込み、元々少ない給料はすぐに消え
変らぬ現実と、変ったのは鰻登りの借金の金額。

そうして更なる悩みを抱え、もう身動きがとれずに
途方に暮れていました。

私はただただ、救われたかった。
不安と心配と緊張と絶望から、解放されたかったのです。

「もう、こんな毎日は嫌だ!!!」

そしてもう限界の限界、
最後の最後になったとき。

私は、最後のチャンスを手に入れたのです。
「もう駄目だ」
と覚悟を決めた時。
私の目の前に広がったのは、、、

「新次元サブリミナルアファメーション」の世界、そしてこの
「新フランチャイズシステム」だったのです。

【こんな、こんな素晴らしい仕組みの、素晴らしい商品があったなんて!!!!】

大地が割れるような衝撃でした。
モーゼが海を割ったように、私の前にも道が、開けたのです!!!!

そうです。
私が待って、待ち焦がれていた、まさにそれがこの「新次元」の世界でした。
そして、私を救う手段となるのがこの「新フランチャイズシステム・NFS」だったのです!

初めて知った時、あまりに素晴らしい内容に「そんな上手くいくはずがない。
私にはきっと出来ないものだろう、、他の人には出来ても私には無理なんだろう」
そう思ったくらいです。

まず、すぐには信じられない、本当に信じて良いのかわからなかった。
そのくらいインパクトのある衝撃だったのです。
それは不安になるほどの・・・
でも、その心配はすぐに解消されました。

なぜなら、その時。
生ける屍の様な状態だった私を、強力に惹き付けて止まない
とてつもなく強く、激しい魅力があったからです。
そんな無気力な、乏しい生命力の私でさえ食いつく、目の覚めるような魅力が。

その魅力の持つ光は、燦燦と照りつけ輝く太陽のように
私の心の影を、不安を、一瞬で消し去ったのです。

私は、その魅力に抗いきれず忘れきれずに諦められずに、
とうとう質問しました。

「私の状況でも、大丈夫でしょうか?
私でも、出来るのでしょうか?」

そこで私が得た答えは・・・・

「私だから出来る事、私にしか出来ない事がある」
「私しかもって居ない、力、才能がある」

それは人一人一人が必ず持っている、自分だけのオリジナル。

私にだけは無いと、しつこく思い続け
そして欲して焦がれて堪らなかった、
そのオリジナルな才能。

私は、ついに見つけたのです。

それからの私は、どんどんどんどん
変化して行ったのです。

水を得た魚のようにイキイキと生命力が蘇り
気持ちは冴え冴えと、雲をつきぬけ空を超え、宇宙に飛び出すくらいに高まり
砂漠の大地に浸み込む水のようにぐんぐんと知識を吸収し

無我夢中で、集中して、それが楽しくて堪らない、
気が付いたら、別人のようになっていました。

まさに、一度死んで生まれ変わったかのように。

あれほど呪った人生が、真っ暗に見えた毎日が
道端の草木や空気でさえ愛しく感じる。
視界が明るく、毎日が輝いて見える。
生きているだけで、楽しくて感動するようになったのです。

お金に対する不安や心配はいつの間にか無くなり
支配されることがなくなりました。
これからいくらでも稼げる、収入を得られることを知ったからです。
借金を一括で返済し、逆に投資できる状態。
そんな事が可能なのは、このNFSという魔法の仕組みだったからです。

物を買う時に値段で決めるのではなく、
本当に欲しいもの、気に入ったものを選べる自由を手に入れました。

親や実家も状態がどんどん良くなり、医者も驚く回復を見せ、
両親共に生きる喜びに満ち、人生を謳歌しています。
もう、私が心配することは何一つありません。

あれほど毎日が憂鬱で足取り重く通っていた会社も
なぜあれほど嫌だったのかわからないほど、今ではこれっぽっちも不満がありません。
むしろ毎日楽しく、充実して、ここで働けて良かった、と心から感謝するほどです。
周りの反応もすっかり変り、最高の環境です。

イライラしたりすぐ悪い方向へ考えてしまう心の癖も、
面白いように方向転換しました。
自分でコントロール出来る事を知ったからです。
そして、なぜそうなるのか?○○だからこうなのだ、という確たる理由も
心から腑に落ち納得しているからです。

地の果てまで落ちるくらいの重い感情にまみれていたのが
体調がみるみる改善していくほど体も心も軽く、やわらかくふわふわになっているのです。
羽が生えて飛んでいきそうになるほど!

そしてそれは、いまもずっと変化し続けているのです。

どうすべきか、どう進むべきか
最善最高の、最短の道を拓いてくれるのがこのシステムです。

はっきりと断言できます。

他にはありません。
あなたがもし、現状を本気で変えたいと思うなら。
無駄なく最短で間違いなくたどり着きたいのなら、
他に迷うことは一切ありません。

余計なお金を使うなら、
確実にあなたが有利になる道に投資するべきです。

私はそうしてきました。
そして、それは確かに私のものになったのです。

今私が言える事は・・

【人生は面白い。いつだって逆転できる。】

私のような人生を送ってきたあなたに
私は自信をもってお伝えします。

私が救われたこの方法で、きっとあなたも救われます。

あなたは、望むあなたになり
望む人生を生きられるのです。
今がどのような最悪の状態でも、諦めることを選択する必要はないのです。

あの日あの時、決断と行動を起こした結果
この幸運をついに手に入れることが出来た私を、
見ていてください。

きっと、あなたも真実が見えてくると思います。

そして、あなたも
どうぞ手に入れてください。

この世の地獄から、輝く未来へと繋がる扉を開く、その鍵を。。

勇気を持って、踏み出すその一歩は
必ず大きな流れを生むでしょう。

人類が初めて地球を脱して宇宙から地球を見たように
あなたも、今の世界を飛び越えて
新次元の世界を目にすることが出来るでしょう。

関連コンテンツ